› つぶやきホルン › オーケストラの楽器 › コントラバス

2008年10月21日

コントラバス

コントラバスと言っても、自動車のバスではありません。
などと冗談はさておきicon195

コントラバスは弦楽器の中で最も大きくて、最も低い音が出せる楽器です。ダブルベース、ストリングベース、ウッドベース(和製英語)、ベースなどの呼び名があります。

コントラバスの弦は高い音から順にG線、D線、A線、E線と呼ばれ、現代ではさらに低いC線を追加した5弦バスもオーケストラでは用いられます。

ちょっと難しい話をすると、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスいずれも同じ仲間と思っていますよね。でも実は違うんです。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロは同じヴァイオリン属ですが、コントラバスだけはもっと歴史が古いヴィオローネという楽器が直接の先祖に当たるヴィオール属なのです。

バロック音楽では、チェロと同じ楽譜を演奏することが多いのですが、実際にはチェロよりも1オクターブ低い音が出るので、このオクターブのハーモニーによって魅力的な通奏低音が生まれます。

オーケストラではほとんど旋律を担当することのない、縁の下の力持ちの楽器ですが、
サン=サーンスの組曲《動物の謝肉祭》の『象』の旋律は有名ですね。

コントラバス
この人形もなかなかコントラバス奏者の雰囲気が出ています。

コントラバス
このなで肩がヴィオール属の特徴の一つですね。


同じカテゴリー(オーケストラの楽器)の記事画像
リコーダー
ワーグナーチューバ
ピアノ
カリヨン
パイプオルガン
ハープ
同じカテゴリー(オーケストラの楽器)の記事
 リコーダー (2011-03-20 16:43)
 ワーグナーチューバ (2009-07-26 21:57)
 ピアノ (2009-01-11 23:24)
 カリヨン (2009-01-10 13:35)
 パイプオルガン (2008-12-17 21:52)
 ハープ (2008-12-14 22:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。