2008年08月05日

チェロ

チェロ

イタリア語で "Violoncello" 。オーケストラの弦楽器で低音部を担当する楽器です。

エンドピンというのが先っぽについていて、床にそれを突き刺して、両足を開き抱きかかえるようにして弾きます。演奏する姿はまるでダンスを踊っているかのようですね。
このエンドピン。実は最初はなかったんです。最初の頃は両膝の間に挟んで演奏していたそうです。しかし、他の楽器と同様、モーツァルトやベートーヴェンなどが活躍する18世紀後半になって、大きな音量が求められたことや演奏の安定性などから、現在のような形になったそうです。

20世紀最大のチェリストと言われるのがパブロ・カザルス(1876~1973)さん。音楽を通じて世界平和のために積極的な活動を展開した人です。1971年10月24日、94歳の時にニューヨークの国連本部で「私の生まれ故郷のカタルーニャでは鳥たちは、ピース、ピース(英語の平和)と鳴きながら飛ぶのです」と語り、右手を客席の方にかざしながら、指先でくちばしの動きをまねして「ピース、ピース」と繰り返し、カタルーニャ地方の民謡『鳥の歌』をチェロで演奏した感動のエピソードは余りにも有名です。

私が中学生の時に初めて聞いて虜になった曲は、『ドボルザークのチェロ協奏曲』。奏者はこれまたカザルスさんと並び称せられる、ムスティスラフ・ロストロポービッチさん。

演奏する姿が、これほど男性的でかっこよい楽器は他にないと思います。

チェロ

チェロ




同じカテゴリー(オーケストラの楽器)の記事画像
リコーダー
ワーグナーチューバ
ピアノ
カリヨン
パイプオルガン
ハープ
同じカテゴリー(オーケストラの楽器)の記事
 リコーダー (2011-03-20 16:43)
 ワーグナーチューバ (2009-07-26 21:57)
 ピアノ (2009-01-11 23:24)
 カリヨン (2009-01-10 13:35)
 パイプオルガン (2008-12-17 21:52)
 ハープ (2008-12-14 22:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。