› つぶやきホルン › 楽しい活動・旅行編 › ドイツ旅行(観光編)ベルリン

2012年11月09日

ドイツ旅行(観光編)ベルリン

ベルリン 2012年9月21~23日

長々と続いたドイツ旅行(観光編)も最後のベルリンとなりました。

ベルリンは誰でもご存知のとおりドイツの首都。

これまで尋ねた街は州都などでそこそこ大きな街だったのですが、それでも人口は50~60万人程度と手ごろで、とても住みやすそうな街でした。

それらの街と比較すると首都ベルリンは全く様子が違います。

建物の大きさも大きく、また近代的な建物が立ち並んでいます。
やっと本当の都会に来たという感じですね。

しかし、一方で歴史的な建物も大変たくさん残っており(復元されており)、これらを見て回るのは1週間あっても足りないくらいらしいのですが、今回は実質一日のみ。
そこで、観光はブランデンブルグ門、ベルリン大聖堂、ペルガモン博物館の3か所に絞り込みあとはドイツ旅行最後の一日ということでショッピングにあてました。

[移動]
ライプツィヒからベルリンへはDバーンで1時間ちょっと。

[ベルリン市内]

「ブランデンブルグ門」
ドイツ旅行(観光編)ベルリン
ブランデンブルグ門の周りはさすがに観光客であふれていました。
ブランデンブルグ門は18世紀末に城郭都市の城門として建造されたものです。
ナポレオン軍との戦いや第2次世界大戦後の東西ドイツ分断など多くの悲劇の中を生き抜いた象徴的な建造物です。

「博物館島」
ドイツ旅行(観光編)ベルリン
このエリアは、大規模な世界的博物館が集中することから世界遺産に選ばれています。

「ペルガモン博物館」
ドイツ旅行(観光編)ベルリン

ドイツ旅行(観光編)ベルリン

ドイツ旅行(観光編)ベルリン
ペルガモン博物館前には土曜日だったせいでしょうか、すごい行列です。入場まで1時間近く並ばなくてはならないようなのでそうとう迷いましたが、もう二度とないかもしれない機会であり並ぶこと約40分でやっと入場できました。
古代オリエント文明のペルガモンの街から発掘された「ゼウスの大祭壇」を始めとした展示の数々は、実際の宮殿を発掘した遺物を使って復元されており壮大なものです。
一点ずつ展示する様式と違い、臨場感がありますし、確かにここに来なければ体験できない貴重なものでした。


「ベルリン大聖堂」
ドイツ旅行(観光編)ベルリン
ベルリン大聖堂は、入場料が結構高いのと、時間がないのと、教会もさすがに見飽きていたというわけで外観のみでパスしました。

「ベルリン駅」
ドイツ旅行(観光編)ベルリン

旅行編の次は、グルメ編をお届けします。


タグ :ドイツ旅行

同じカテゴリー(楽しい活動・旅行編)の記事画像
武雄温泉に旅行しました
久しぶりの京都旅行
鹿児島県阿久根市
全国アマチュアオーケストラフェスティバル記事
全国アマチュアオーケストラフェスティバル金沢大会
第43回全国アマチュアオーケストラフェスティバル金沢大会
同じカテゴリー(楽しい活動・旅行編)の記事
 武雄温泉に旅行しました (2019-03-25 22:43)
 久しぶりの京都旅行 (2015-11-05 23:32)
 鹿児島県阿久根市 (2015-10-04 11:24)
 全国アマチュアオーケストラフェスティバル記事 (2015-08-09 23:22)
 全国アマチュアオーケストラフェスティバル金沢大会 (2015-08-06 23:06)
 第43回全国アマチュアオーケストラフェスティバル金沢大会 (2015-07-29 23:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。