› つぶやきホルン › 楽しい活動・映画編 › レッドクリフ:PartⅡ

2009年05月06日

レッドクリフ:PartⅡ

ゴールデンウィークのわが家のささやかなメインイベント
“レッドクリフ”を観てきました!!!

 この映画は、有名な三国志の「赤壁の戦い」を描いたもの。
「三国志」とは、ご存知のとおり起源200年頃、漢王朝の末期に、魏・呉・蜀の三国が争覇した三国時代のことを叙述した歴史書ですね。

 圧倒的な軍事力を背景に、中国全土の統一を目前にしていた魏の曹操(そうそう)が、孫権(そんけん)の呉を攻めた際に、後に蜀を治めることとなる劉備(りゅうび)の軍師でかの有名な諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)の進言により、呉と劉備軍が同盟を結び、赤壁『レッドクリフ』で曹操を撃退するという、「三国志」の天下分け目の戦いを描いたものです。この赤壁を守り抜いたのが呉の知将、周瑜(しゅうゆ)でこの映画の主役です。

 映画は、2部作です。
 PartⅠの前編は、陸上での戦いに継ぐ戦いのシーンの連続で、やや残酷ではありましたが、映像的にはなかなか見応えがありました。

 PartⅡの第2部はいよいよ水軍による戦いのクライマックスを迎えます
 
 後編は、やや前編とは趣を異にしていました。
 前半は、一所懸命、人々の葛藤を描こうと努力しているようにも見て取れました。
 最後の戦い向けた魏の曹操軍の様子や、孫権軍と劉備軍分裂の危機などドラマなどです。
 でも、ドラマとしては何か安っぽさは否めませんね。

 やはり、後編でも見どころは、後半のこれでもか、これでもかという戦闘シーンです。
 CGの時代とは言え、やはりかなりの人海戦術であることは間違いありません。

 特に、この映画は、どれだけの火薬を使ったのだろうかと驚かされます。
 船が次々に突入するシーンなんかは本当にすごい迫力でした。
 スタントの人たちも相当やばかったのでは???

 やはりこの映画の価値は、この壮大な戦闘シーンの連続につきますね。
 中身が薄いと言えばそれまでですが、とにかく楽しめます。

 ただし、いただけないのは最後の10分間くらいかな。

 なんで大敗北を期した魏の曹操を、勝利した孫権と劉備が取り囲みながら、助けるのか??
 安物の時代劇のラストシーンを見ているようで・・・・
 この映画の「ストーリーとしての中身の薄さ」を象徴していましたね。
 せっかく2部作を一生懸命見たんだから、なんか少し感動を残してほしかったな~~~!!face07
 
 まあ、難しいことを考えずに、映像を楽しむ映画としてはお奨めですが、感動する映画ではありませんでしたface03

 というわけで、5連休のゴールデンもこれでディ・エンド!
 まあ、いつものように何もないただの休みの連続ではありましたが・・・

 メインイベントは「彦ずし」!!!!
 いつものようにカウンターで大将やお客さんとワイワイとお酒をいただき、
 今日は、秋田まで「イワナ」釣りにお出かけだったというお客様のお話、特にスモーク料理のうんちくをしっかりと楽しませていただきました。
 映画より、うんと面白かったです。
 face02


同じカテゴリー(楽しい活動・映画編)の記事画像
マリア・カラス  伝説のオペラ座ライブ
サイトウ・キネン・フェスティバル松本Gig
ラ・ボエーム
ミス・サイゴン
夏の雲は忘れない
ラフマニノフ ある愛の調べ
同じカテゴリー(楽しい活動・映画編)の記事
 マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ (2015-05-08 22:18)
 あの日の声を探して (2015-05-07 22:25)
 サイトウ・キネン・フェスティバル松本Gig (2014-09-08 23:02)
 レ・ミゼラブル (2013-01-07 22:48)
 ショパン 愛と哀しみの旋律 (2011-05-01 22:50)
 アイガー北壁 (2010-07-14 22:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。