› つぶやきホルン › 元気アート › GAP「お花見会」コンサート

2009年03月27日

GAP「お花見会」コンサート

元気アートプロジェクト“GAP”は、デザイナーや音楽家によるボランティアグループ。優しさと思いやりの大切さを共有しながら、アート、デザイン、音楽によって、人々に元気を与え、そして私たちも元気をいただく活動を行っています。

本日、3月27日は
2009 GAP 原土井病院「お花見会」コンサート

14:30から原土井病院 緩和ケア病棟(ホスピス)のサンルームで、
とっても明るいすてきな歌のコンサートを行いました。

出演は、GAPメンバーでソプラノの浦本順子さんと、お友達のソプラノ、徳森理香さんピアノの秦久恵さんによる「アンサンブル・ルーエ」です。
ルーエとは「やすらぎ、いやし」という意味のドイツ語だそうです。

~ルーエは、各人、音大を卒業後ソロ活動の合間に、ルーエというユニットで病院・公共施設のロビー演奏、ホテル等での演奏活動を展開中です。特に、明治乳業スポンサーのマタニティコンサートはご好評頂いてます♪ また、一年に一度のリサイタルも行っています~ルーエより

本日のプログラムは次の7曲でした。
●G線上のアリア(バッハ)
●アヴェ マリア(シューベルト)
●アヴェ マリア(カッチーニ)
●花(滝 廉太郎)
●花の二重唱(ドリーブ)
●私のお気に入り(ミュージカル‥サウンドミュージックより)
●踊り明かそう(ミュージカル‥マイフェアレディより)


まず始めは、ヨハン・セバスティアン・バッハの管弦楽組曲第3番より「G線上のアリア」。ヴァイオリンの曲をソプラノ2重唱に編曲したものです。
2人のとても素晴らしい歌声がサンルームに響き渡ります。

ここで、浦本さんから挨拶。
そして、2つの「アヴェ マリア」です。
天上から降り注ぐような歌声にみなさん、静かに聴き入っていました。

次は、滝 廉太郎の「花」です。
これは、プログラムに歌詞を書いていたので、皆さんと一緒に歌いました。
春のうららの隅田川 のぼりくだりの船人が
櫂(かい)のしづくも花と散る ながめを何にたとうべき
ご病気の方々ですから大きな声は出せませんが、
一生懸命口ずさんでくださいましたよ。
ドリーブの「花の二重唱」は「ラクメ」という歌劇の中で歌われる美しい曲です。

そして最後はミュージカルから2曲。
サウンドミュージックより「私のお気に入り」
マイフェアレディより「踊り明かそう」
とても夢のある楽しい歌です。

聴いていただく患者さんには、もしかしたらこれが最後のコンサートかもしれません。
一緒に聴いておられる家族の方々にとっても本当に良い思い出になるよう、
少しでも良いものをお届けしたい。それが、ホスピスでコンサートを企画する場合の私のポリシーです。

今日も、みなさんとても穏やかに、そして楽しそうに聴いていただきました。
アンコールもかかって、もう一度みんなで「花」を歌ってコンサートを終わりました。

本日お配りしたプログラムは、GAPのグラフィックデザイナー、黒瀬美紀子さんの作品です。
春らしい素敵なデザインがとても好評で、まさに、音楽家とデザイナーのコラボレーションによる、とても良質なコンサートをお届けすることができました。

出演の浦本さん、徳森さん、秦さん、プログラムデザインの黒瀬さん、お疲れさまでした~~~face02
原土井病院の高口さん、先生、看護士さん、ボランティアのみなさん、ありがとうございました。face01

GAP「お花見会」コンサート

GAP「お花見会」コンサート



同じカテゴリー(元気アート)の記事画像
元気アートプロジェクトの総会&BBQ
元気アートプロジェクト10周年展開催中
元気アートプロジェクト10周年記念展スタート
元気アートプロジェクト10周年記念展&コンサート
元気アートプロジェクト10周年記念展
スミセイ未来賞
同じカテゴリー(元気アート)の記事
 元気アートプロジェクトの総会&BBQ (2017-04-24 22:30)
 元気アートプロジェクト10周年展開催中 (2016-05-27 22:36)
 元気アートプロジェクト10周年記念展スタート (2016-05-26 22:21)
 元気アートプロジェクト10周年記念展&コンサート (2016-05-25 21:57)
 元気アートプロジェクト10周年記念展 (2016-05-02 22:03)
 スミセイ未来賞 (2016-02-24 22:41)

Posted by つぶやきホルン at 23:13│Comments(0)元気アート
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。