› つぶやきホルン › 福岡市民オーケストラ › 市民オケ選曲2

2009年02月21日

市民オケ選曲2

クラシックの演奏会のプログラムで最もポピュラーな形

1曲目:序曲など短めの曲
2曲目:協奏曲
(休憩)
3曲目:交響曲


ところが、協奏曲というと当たり前ですがソリストが必要です。
ピアニスト、ヴァイオリニスト、管楽器奏者などですね。
それで、アマチュアオケではよく、地元在住のソリストを起用します。
こうすると、ギャラは比較的安いし、チケットもよく売れるし、また日頃オーケストラとの共演の機会がない人たちの勉強にもなるのです。
でも、大きな問題は、オーケストラとの共演が初めての人だったりすると、ソリストは下手または緊張するし、オーケストラは臨機応変に合わせる力はないしで、みっともない演奏になることがあると言うことです。
ですから、私は、あまり力のない人、経験のない人はアマチュアオーケストラと共演すべきではないと考えています。

今年の秋と来年の春の選曲のアイデアです。
あくまで私が勝手に考えている案なので、どうなるかは分かりませんが。

Ⅰ メインプログラムの推薦曲
①チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」(46分)
②チャイコフスキー:交響曲第1番「冬の日の幻想」(42分:市民オケ初演)
③シベリウス:交響曲第1番(36分:市民オケ初演)
④ニールセン:交響曲第4番「不滅」(36分:市民オケ初演)
⑤ブラームス:交響曲第3番(42分)
⑥ドボルザーク:交響曲第7番(39分:市民オケ初演)
(備考)①~④はTubあり、⑤⑥はTubなし、Hpは③のみ

Ⅱ 中プロ(前プロ)の推薦曲
①フォーレ:劇音楽「ペレアスとメリザンド」(20分:Hp、メゾソプラノ?:市民オケ初演)
②リスト:レ・プレリュード(15分:Tb、Tub、Hp)
③ブラームス:悲劇的序曲(15分Tb、Tub:市民オケ初演)
④リムスキー・コルサコフ:序曲「ロシアの復活祭」(15分Tub:市民オケ初演)
⑤モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」(17分:市民オケ初演)
⑥ベートーヴェン:交響曲第8番(26分)
⑦チャイコフスキー:組曲「白鳥の湖」(23分:Tb 、Tub)


市民オケの場合は、年に2回しか演奏会がないので、全団員に出番が廻るようにしなければなりません。
ですから、チューバやトロンボーンの出番がある曲が必要です。

選曲って結構大変なんですよ。face02


同じカテゴリー(福岡市民オーケストラ)の記事画像
福岡市民オーケストラ第79回定期演奏会
福岡市民オーケストラ第78回定期演奏会
福岡市民オーケストラ第76回定期演奏会
福岡市民オーケストラ第75回定期演奏会
「ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番」の初練習
福岡市民オーケストラ第73回定期演奏会 合宿
同じカテゴリー(福岡市民オーケストラ)の記事
 福岡市民オーケストラ第79回定期演奏会 (2019-05-12 18:32)
 福岡市民オーケストラ第78回定期演奏会 (2018-11-10 15:08)
 福岡市民オーケストラ第76回定期演奏会 (2017-09-28 21:30)
 福岡市民オーケストラ第75回定期演奏会 (2017-04-30 14:21)
 「ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番」の初練習 (2016-08-21 13:07)
 福岡市民オーケストラ第73回定期演奏会 合宿 (2016-05-15 23:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。