› つぶやきホルン › 楽しい活動・映画編 › 奇跡のシンフォニー

2008年07月03日

奇跡のシンフォニー

今日は、 「奇跡のシンフォニー」 を観てきました。

 ストーリーは、離ればなれになった恋人同士と、その間に生まれたのに、母親の父が死産と偽って、施設に預けてられてしまった子、エヴァンの3人が、音楽が呼び起こす奇跡の力によって引き寄せられ、ニューヨークのセントラルパークで行われた野外コンサートで、生まれて11年目にしてめでたく再会する。という愛と感動の物語です。

ストーリーとしては、単純ですし、全体的にいかにもハリウッド映画だな~~と思わせる、過剰な演出やハッピーエンドの展開に、まあ娯楽作品としては面白かったね。というレベルです。

ただ、二人の出会いから、エヴァンが自然と人工のありとあらゆる音に目覚めてゆく様子、ニューヨークでのストリートミュージック、教会におけるゴスペル、エルガーのチェロ協奏曲やバッハ、ベートーヴェンなどのクラシックレパートリー、そして、それらあらゆる音楽を繋ぎながら展開するジャズ、ポップスの数々。

これらの音楽を、縦横無尽に構成したプロデューサーの手腕がこの映画の価値だろうと思います。

まさに「音楽力」を楽しむ映画としては、最高傑作と言えるかも知れません。

音楽好きな方には、是非お勧めの作品でした。

それにしても、あのゴスペル歌ってた女の子は「すごい!!」



同じカテゴリー(楽しい活動・映画編)の記事画像
マリア・カラス  伝説のオペラ座ライブ
サイトウ・キネン・フェスティバル松本Gig
ラ・ボエーム
ミス・サイゴン
夏の雲は忘れない
ラフマニノフ ある愛の調べ
同じカテゴリー(楽しい活動・映画編)の記事
 マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ (2015-05-08 22:18)
 あの日の声を探して (2015-05-07 22:25)
 サイトウ・キネン・フェスティバル松本Gig (2014-09-08 23:02)
 レ・ミゼラブル (2013-01-07 22:48)
 ショパン 愛と哀しみの旋律 (2011-05-01 22:50)
 アイガー北壁 (2010-07-14 22:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。