› つぶやきホルン › 楽しい活動・生活編 › 胃の内視鏡検査

2015年11月12日

胃の内視鏡検査

昨年に引き続き、昨日、平尾の西村胃腸科で胃の内視鏡検査を受けてきました。
昨年は、長年気になっていた大腸の内視鏡検査も一緒に行ったのですが、大腸は3年に1回で良いですよという西村先生の指示で今年と来年は胃だけです。

そもそも毎年人間ドックを受けていたのですが、バリウムを飲む胃透視では2~3年に1回要精密と言われて内視鏡検査を受ける羽目になっていたので、それなら最初から内視鏡検査を受けた方がすっきりすると思った次第です。

これまでは別の病院で受けていたのですが、そこでは大腸の内視鏡検査をやっていなかったので、家からも近く評判もよい西村胃腸科にお願いするようにしました。

西村胃腸科の内視鏡検査は麻酔をかけて行うので全く苦痛を伴いません。
以前、胃カメラはとっても大きくて、30歳台ではじめて検査したときは相当に苦しい思いをしました。
大腸検査も数日前から検査食に切り替えて大変だったものです。
数年前には、口からではなく鼻から入れる方式で、カメラもとっても小さくなって楽になったなと感じていました。

しかし、西村胃腸科の麻酔方式なら、知らぬ間に終わってしまうし、検査後の不快感も全くありません。

最初に、小さなコップでヤクルト位の量の液体を飲みます。
暫くして点滴を始めますが、この間はずっとソファーに腰かけてテレビを見ています。
それから、検査室で喉の麻酔薬を口に含んで飲みます。やや気持ちが悪いのはこの時だけですね。
口にマウスピースのようなものを加えさせられて横になると、先ほどの点滴の管から別の薬を注入します。
これが麻酔薬です。
その後、いつ寝たかは覚えていませんが、目が覚めると終わっていました。
目が覚めた時は、まだ麻酔が効かないのかななどと思ったのですが、良く考えてみるとマウスピースがありません。
そうか~~終わったんだ。本当に楽です。

ちょっと変なことを考えてしまいました。
安楽死を選べばあのままずっと寝ている感じなんだろうな~~!!
看護士さんが薬を間違えれば・・・・こわ~~~!!!

ところで、結果はなんともありませんでした。
昨晩は美味しいお酒をたっぷりといただきました。

ただ、ピロリ菌はご存命が確認されましたのでいよいよ退治することに。
お薬をいただきましたが、これは1週間朝晩2回服用するもので、その間は禁酒です。
つまり、これからのシーズンは難しいかも。

1週間、確実に禁酒できる週を選んで挑戦です。



同じカテゴリー(楽しい活動・生活編)の記事画像
大濠公園花火大会
「福岡城 梅まつり」を開催します
ゆっくりとしたお正月
庭のカラー
劇団風の子九州の公演
明けましておめでとうございます
同じカテゴリー(楽しい活動・生活編)の記事
 大濠公園花火大会 (2018-08-01 21:54)
 「福岡城 梅まつり」を開催します (2018-02-13 22:23)
 ゆっくりとしたお正月 (2018-01-02 15:43)
 庭のカラー (2017-05-17 23:13)
 劇団風の子九州の公演 (2017-05-11 19:31)
 明けましておめでとうございます (2017-01-01 21:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。