› つぶやきホルン › 元気アート2008 › GAPクリスマスカフェ

2008年12月27日

GAPクリスマスカフェ

元気アートプロジェクト、通称“GAP”は、デザイナーや音楽家によるボランティアグループです。優しさと思いやりの大切さを共有しながら、アート、デザイン、音楽によって、人々に元気を与え、そして私たちも元気をいただく活動を行っています。

少し報告が遅くなりましたが、GAPでは12月10日に九大病院小児医療センターで久しぶりの演奏活動をしました。

今回の催しは、同じ九大病院のボランティアグループ「ゆめりんご」さんから「クリスマスカフェ」への出演依頼を受けたものです。

クリスマスカフェプログラム
日 時:12月10日(水曜日)14時~15時30分
場 所:九大病院小児医療センター・デイルーム
内 容:14:00  院内学級生徒の演奏
     14:30  歌とキーボードの演奏・・・・・・GAP
15:00  こどももおとなも参加のゲーム大会


GAP演奏プログラム
【曲 目】
①ジングルベル       (まずはにぎやかにクリスマスソングのスタートです)
②ホワイトクリスマス    (ちょっと大人の雰囲気で)
③ハッピーバースデイ    (お誕生日もお祝いしましょう・・GAP合唱団登場)
④おもちゃのチャチャチャ  (日本でできた曲にもこんな素敵な歌が)
⑤赤はなのトナカイ      (いよいよサンタがやってくる)
⑥きよしこの夜        (こころ安らかにみんなで一緒に歌いましょう)

【出 演】
うた(ソプラノ)   :浦本順子さん
キーボードとうた :後藤聡子さん
ヴァイオリン    :真隅昌子さん


最初は、こどもたちの演奏です。「きよしこの夜」や「ポニョのテーマ」などをとっても上手に演奏してくれました。
(とっても可愛らしい8人の演奏なのですが、プライバシー保護のため写真は残念ながら掲載できません。)

続いて、GAPメンバーの演奏です。
演奏した子ども達も病室に戻らずに、家族や病院の先生、看護士さん達と一緒に聴いていただきました。
また、大人の患者さん達も聴いてくれました。
クリスマスソング2曲に続いて、GAPハッピーバースデイ合唱団(今回がデビューです)が12月生まれの3人を祝って「ハッピーバースデイトゥーユー」を歌い、とっても喜ばれました。
続いて、浦本さんのソプラノによる「アヴェ・マリア」をしっとりと聴いていただき、最後に「きよしこのよる」をみんなで歌って、そして、鈴やカスタネットをみんなで鳴らして、とても楽しいクリスマス演奏会になりました。






浦本さん、とっても素晴らしい歌をありがとうございました。キーボードに歌にと大活躍の後藤さん、これからもずっとよろしくお願いします。ヴァイオリンの真隅さん、今度はもっとたくさん聴かせてくださいね~~~!!!

GAPハッピーバースデイ合唱団はとっても良いアイデアでしたね。
今度はハーモニーができるように練習しましょう。face02

九大病院小児医療センターの住江先生、がんばルームの桜木先生、ボランティアコーディネーターの稲津先生、そして病院スタッフの皆さん。楽しい機会をいただきありがとうございました。来年もよろしくお願いします。「元気を与え、元気をいただく」そんな活動を続けていきます。face01






同じカテゴリー(元気アート2008)の記事画像
GAP忘年会
メイクと写真撮影
がんばルーム「ミニミニ運動会」
ホスピスでお月見演奏会
絵手紙を描こう
GAP「マイうちわ作り」
同じカテゴリー(元気アート2008)の記事
 GAP忘年会 (2008-12-10 00:08)
 メイクと写真撮影 (2008-11-19 23:23)
 がんばルーム「ミニミニ運動会」 (2008-10-23 22:44)
 ホスピスでお月見演奏会 (2008-10-12 11:33)
 絵手紙を描こう (2008-09-14 19:13)
 元気アート月例会 (2008-09-10 23:01)

Posted by つぶやきホルン at 23:23│Comments(0)元気アート2008
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。