› つぶやきホルン › 7月20日の記事

2015年07月20日

7月20日の記事

混声合唱団の福岡コールフェラインの第29回定期演奏会をアクロス福岡シンフォニーホールで聴きました。

演奏曲目は、三木稔作曲の「レクイエム」と有名なフォーレの「レクイエム」の2曲です。

この2曲の意欲的なプログラムの選曲理由は聞いていませんが、
戦後70年の夏の演奏会という時期から考えれば、とても意味のある演奏会だったと思います。

チケットは友人でバスの井上達也くんから購入しましたが、ソプラノソロの林麻耶さんはOnPalのメンバーですし、ピアノの岡本えりさんは昔、息子がソルフェージュを教えていただいた先生、ティンパニの永野哲さんは高校ブラスの5年先輩、フォーレ室内管弦楽団にもコンサートミストレスの八尋祐子さんやビオラの中村はるみさん、ホルンの山口隆文さんほか顔見知りの方がおられて、とっても身近に感じられた演奏会でした。

それに、客席では、元気アートプロジェクトでご一緒に活動している九大の佐藤先生ご夫妻とお会いして、同席、終了後にお茶しました。

他にも、福岡音楽団体連絡会の合唱関係のメンバーもたくさん聴きに来られてました。
このような訳で、会場は1、2階はほぼ満席。1500人以上は入っていたでしょう。
地元の音楽団体の演奏会はやはり地元の人間が盛り上げないといけませんね。

ソプラノの林麻耶さんは5月に赤ちゃんが生まれたばかり。
フォーレのレクイエムの中の「ピエ・イエズ」の独唱がとても清らかで印象的でした。
もちろん、福岡コールフェラインの合唱も難しい2曲を良くまとめられて素敵な演奏でしたよ。








Posted by つぶやきホルン at 21:41│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。