› つぶやきホルン › 福岡音楽団体連絡会 › 青沼謙一氏「福岡市民文化活動功労賞」を祝う会

2015年01月29日

青沼謙一氏「福岡市民文化活動功労賞」を祝う会

青沼謙一氏「福岡市民文化活動功労賞」を祝う会が、2015年1月25日に福岡市中央区大名のレストランで開催されました。

青沼謙一さんは84歳。
福岡県庁の職員としての勤務の傍ら、福岡市におけるクラシック音楽活動の活性化に強い関心を抱かれ、福岡青年音楽家協会の設立および福岡音楽団体連絡会の設立に中心的な役割を果たされるととともに、この2つの団体の事務局を長年にわたり担当し、福岡市の音楽文化の向上に大きく貢献してこられました。
自分が演奏活動を行うわけでもなく、音楽家を教育するわけでもなく、事務局担当という全く目立たない縁の下の力持ちの役割を淡々とこなされてきたわけですが、この活動によって生み出された成果は大変大きく、福岡市におけるクラシック音楽文化の向上に果たされた役割は計り知れないものがあります。

パーティーには、福岡青年音楽家協会の会員、福岡音楽団体連絡会に所属する団体の会員、青沼さんの古くからのご友人など80名を超える方々が集まり、歌や演奏を交えながら、受賞をお祝いしました。

出席した声楽家たちによるヴェルディ“乾杯の歌”、ヴァイオリンの古田さんによるベトーヴェンのスプリングソナタ、斎藤さんたちのサキソフォーンカルテットによるドビュッシーの曲など、とても心温まる、にぎやかな宴となりました。

【福岡青年音楽家協会】
 福岡青年音楽家協会は、福岡在住の若い音楽家が自分たちの演奏活動の場を設けようという趣旨のもとに結成されました。
 しかし、若い音楽家たちは演奏会の企画・運営については全く知識や経験がなく、この活動を支えたのが、当時、勤労者音楽協会(労音)で演奏会の企画・運営について実務経験を有していた青沼さんです。
 青沼さんは、発足当初より事務局を担当し、1977年4月に第1回緑のコンサートを開催して以来、38年間にわたり事務局としてその世話を続けておられます。現在の会員数は103名を数え、昨年10月には第182回目の緑のコンサートが開催されました。

【福岡音楽団体連絡会】
福岡音楽団体連絡会は、福岡都市圏に本拠地をおいて活動するクラシック系音楽団体の交流組織として1981年10月に発足し、九州交響楽団をはじめとする、オーケストラ、合唱、マンドリンなどジャンルを超えた24団体が加盟しています。
青沼さんは、この団体の呼びかけ人の一人で、団体の発足後は2005年までの24年間にわたり事務局長を務められました。
この間、福岡市音楽演劇練習場「パピオ・ビールーム」の建設要望活動の中心的役割を担われたほか、福岡市民芸術祭のオープニングイベントやアクロス福岡の記念事業を当団体が主催するなど、地域に根ざした交流組織ならではの積極的な活動を実現してこられ、まさに市民文化活動の活性化に大きく貢献してこられました。















同じカテゴリー(福岡音楽団体連絡会)の記事画像
福岡マンドリンオーケストラ第53回定期演奏会
第195回緑のコンサート
コーロ・赤坂 コンサート「明日があるさ」
音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート
2016音団連  ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート
2015 音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート
同じカテゴリー(福岡音楽団体連絡会)の記事
 福岡マンドリンオーケストラ第53回定期演奏会 (2018-11-10 15:04)
 第195回緑のコンサート (2018-11-10 14:16)
 コーロ・赤坂 コンサート「明日があるさ」 (2018-11-10 13:30)
 音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート (2018-10-02 23:08)
 音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート (2017-09-27 22:42)
 2016音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート (2016-09-25 18:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。