› つぶやきホルン › 楽しい活動・生活編 › 九州大学 椎木講堂 こけら落とし演奏会

2014年04月27日

九州大学 椎木講堂 こけら落とし演奏会

昨日、九州大学の「椎木講堂 こけら落とし演奏会」に招待され行ってきました。

椎木講堂は、九州大学の伊都キャンパスにできた、3000人収容の新しい講堂です。

三洋信販株式会社の創業者である椎木正和さんが約30億円を寄付し完成したものです。

九州大学の教育研究施設としてだけでなく、福岡の新しい学術芸術文化拠点となることが期待されています。

是非一度見てみたいと思っていたところに、絶好の機会をいただきました。

建物は、巨大でとても迫力があり、九州大学のシンボルにふさわしいものでした。

この日は、九州交響楽団の演奏で、ワーグナーの歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲、チャイコフスキーのバレエ組曲「くるみ割り人形」と、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」の3曲が、小泉和裕さんの指揮で演奏されました。

椎木さんは九州交響楽団に対しても多額の援助をされており、その恩返しの意味も込められていたのでしょうか、とても素晴らしい熱のこもった演奏でした。

特に、フルートに客員で大村友樹さんが出演されており、「くるみ割り人形」のソロは秀逸でした。

私が、九州大学学術研究都市推進機構で、九州大学の移転時からまちづくりをサポートしていたころと比べると、大学と周辺の街はずいぶんと発展していました。本当に100年の新たな歴史が刻まれつつあることを感じます。

九州大学のますますの発展を期待しています。









福岡市に中規模音楽専用ホールを、というのが、九州交響楽団や福岡市民オーケストラなど福岡音楽団体連絡会加盟25団体の永年の悲願です。「椎木コンサートホール」を福岡市に、と願うのは私だけでしょうか。face01



同じカテゴリー(楽しい活動・生活編)の記事画像
大濠公園花火大会
「福岡城 梅まつり」を開催します
ゆっくりとしたお正月
庭のカラー
劇団風の子九州の公演
明けましておめでとうございます
同じカテゴリー(楽しい活動・生活編)の記事
 大濠公園花火大会 (2018-08-01 21:54)
 「福岡城 梅まつり」を開催します (2018-02-13 22:23)
 ゆっくりとしたお正月 (2018-01-02 15:43)
 庭のカラー (2017-05-17 23:13)
 劇団風の子九州の公演 (2017-05-11 19:31)
 明けましておめでとうございます (2017-01-01 21:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。