› つぶやきホルン › 2017年07月

2017年07月21日

FFACおんがくさんぽVol.1 クラシックへいらっしゃい

FFACおんがくさんぽVol.1
クラシックへいらっしゃい
 
福岡市文化芸術振興財団(FFAC)が、こどもから大人まで生の音楽をもっと身近にそして気軽に楽しんでもらいたいと企画したコンサートです。お誘いあわせの上、是非ご来聴下さい。
 
2017年8月9日(水) 15:00開演

福岡市立南市民センター 文化ホール

入場料:500円
※中学生以下無料(予約または当日券が必要)

演奏:OnPal室内合奏団
※OnPalメンバーを中心に、全員プロのオーケストラです。
 母体となる「特定非営利活動法人OnPal」は、
 病気と闘いながら入院生活を送る子供たちに音楽の力で元気を与えるボランティア活動を行っています。
 私が運営しています。 (http://onpal.org/) 

チケット予約・お問い合せ
 福岡市文化芸術振興財団
 電話092-263-6265/092-263-6266
又は、プレイガイドで購入
 アートリエ(092-281-0081)
 チケットポート福岡パルコ店(03-5561-7714) 

この演奏会では、ヴィヴァルディから約300年、クラシック音楽の大きな変遷「時を超えた旅」を楽しんでいただきます。
時間も一般的なコンサートよりは短めの約90分間
みなさんがどこかで耳にしたことがある親しみやすい曲ばかりです。
初めての方もクラシック音楽にきっと目覚めていただけると思います。

【第1部】
アントニオ・ヴィヴァルディ(1678年―1741年)
ヴァイオリン協奏曲「四季」より第1曲「春」第1楽章(1725年出版)

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685年―1750年)
管弦楽組曲第2番より“ポロネーズ”“バディネリ”(1730年頃)

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756年―1791年)
ピアノ協奏曲第21番 第2楽章 アンダンテ(1785年)

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年―1827年)
交響曲第5番ハ短調 作品67「運命」 第1楽章(1808年)

【第2部】
フェリックス・メンデルスゾーン(1809年―1847年)
付随音楽「真夏の夜の夢」作品61より“夜想曲”(1843年)

ヨハネス・ブラームス(1833年―1897年)
ハンガリー舞曲第5番(1869年)

ヨハン・シュトラウス2世(1825年―1899年)
ワルツ「春の声」(1882年)

ジャコモ・プッチーニ(1858年―1924年)
オペラ「ジャンニ・スキッキ」より私のお父さん(1918年)

ドミトリイ・カヴァレフスキー(1904年―1987年)
組曲「道化師」より“ギャロップ”(1939年)

レナード・バーンスタイン(1918年―1990年)
「ウェストサイドストーリー」より“SomeWhere”“America”(1961年)

OnPal室内合奏団メンバー紹介

 指揮 吉浦 勝喜
 コンサートマスター 工藤 真菜
 ヴァイオリン 河原 冴子、重松 朋子、篠崎 ひより、
        緒方 愛子、野上 幸子、堀井 亜紀子
 ヴィオラ 中村 はるみ、永岡 いのり  
 チェロ 井上 忍  
 コントラバス 森 しのぶ
 フルート 白木 彩子  
 オーボエ 桐谷 美貴子  
 クラリネット 小田 美代子  
 ファゴット 重松 真央
 トランペット 古賀 敦子  
 ホルン 田中 美染香
 パーカッション 竹下 恵  
 ピアノ・チェンバロ 真隅 政大  
 ソプラノ・司会 林 麻耶

詳しくはチラシをご覧ください。
  

  


Posted by つぶやきホルン at 21:47Comments(2)OnPal

2017年07月20日

福岡OBフィル 第39回定期演奏会

日 時:2017年7月23日(日)14時開演

会 場:アクロス福岡シンフォニーホール

曲 目:ベートーヴェン/交響曲第1番
    ベルク/ヴァイオリン協奏曲
    R.シュトラウス/交響詩「死と変容」

出演者:指揮・おはなし  下野竜也
    ヴァイオリン独奏 扇谷泰朋

入場料:一般1500円(前売り1300円)
    高校生以下700円(前売り500円)

主 催:福岡OBフィルハーモニーオーケストラ

解 説:
 九州大学交響楽団のOBによって結成されたオーケストラももう40年近くになるのですね。
 今では、色々な大学オケのOBも加わり、いつも上手な演奏を聴かせてくれます。
 今回は、九州交響楽団のコンサートマスターの扇谷さんを迎えてのコンチェルトも楽しみですね。

お問合わせ/チケット取扱い
  アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
  チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード-330-745)

詳細はチラシをご覧ください。 



  


Posted by つぶやきホルン at 21:53Comments(0)福岡・佐賀のコンサート情報

2017年07月17日

真隅政大の夏のコンサート

先日、真隅政大の夏のコンサートを紹介しましたが、コンサートが追加になったので改めてご紹介します。

8月20日(日)福岡の九州キリスト教会館にて「真夏の午後のコンサート」
そして今年はご縁をいただきまして、8月27日(日)に京都、翌28日(月)に神戸・ピアジュリアンでも同じ内容で演奏させていただく運びとなりました。

今年はピアノソロに戻り、バッハからブラームスまで、シンプルながら密度の濃い作品をお話を交えながらじっくりとお届けしたいと思います。

福岡、京都、神戸 お好きな場所でお聴きいただければ大変嬉しく思います!!
福岡、京都のチケット、予約等につきましてはチラシ記載の電話番号・アドレスまで、
神戸ピアジュリアンにつきましては、直接お店にお問い合わせください。

『真夏の午後のコンサート 2017』
◆福岡:8月20日(日)15:00開演 (14:30開場)
九州キリスト教会館(福岡市中央区舞鶴2-7-7)

◆京都:8月27日(日)14:00開演 (13:30開場)
北山ミュージックワンダーランド今井(地下鉄北山駅近く)
小さな会場ですから満席が予想されます。
チラシの電話番号にご予約をお勧めします。

◆神戸:8月28日(月)19:30~、21:00~
ピアジュリアン(JR、阪急三宮駅前)078-391-8081

【プログラム】
J. S. バッハ:イタリア協奏曲 BWV 971
モーツァルト:ピアノソナタ K.310 イ短調
ショパン:幻想曲 Op.49
ブラームス:4つの小品 Op.119
【入場料】
福岡・京都:2000円
神戸:チャージ2100円

京都:8月27日(日)


福岡:8月20日(日)


  


Posted by つぶやきホルン at 23:34Comments(1)福岡・佐賀のコンサート情報

2017年07月12日

クラリネットを見て・聴いて・さわってみよう

特定非営利活動法人OnPalで音楽授業を行いました。

日 時:
 6月23日(金)11:00~12:00 九大病院小児医療センター
 6月26日(月)11:00~12:00 福岡市立こども病院

テーマ:「クラリネットを見て・聴いて・さわってみよう」

講 師:クラリネット/山田陽子、小田美代子
    ピアノ/吉田書子

使用楽器:E♭クラリネット、B♭クラリネット、バスクラリネット

1.オープニング
2.クラリネットクイズ
3.色々聴いてみよう
4.さあ!クラリネットを触ってみよう
5.一緒に歌おう
6.最後にもう一曲

オープニングでは、「2本のクラリネットの為のデュオ」から一曲演奏。
プロの上手な演奏を聴いてもらい生徒達の心を掴みます。





次は「クラリネットクイズ」です。
このクイズによって授業としての内容も充実しますが、何より生徒達の授業への関心がとても高まります。

①クラリネットは次のどの楽器の仲間でしょう
 答えは木管楽器で、概ね正解しますがトランペットに似ているからか金管楽器と答える生徒もいます。

②3種類のクラリネットを音の高さ順に並べるとという問題
 答えは「クラリネットこわしちゃった」という曲を3種類のクラリネットで演奏します。

③クラリネットは何個に分解できるでしょう・・・ここからが難問です。
 クラリネットをだんだん分解しながら演奏するポルカ風クラシック曲「だんだん小さく」で答えを出します。
 答えは5個。実演による回答に生徒達は興味津々です。


④リードは何でできているでしょう
 ほとんどの生徒が「竹」と答えましたが正解は「葦」
 新しいリードを手に取って見てもらいました。


⑤B♭クラリネットの長さはどれくらいでしょう
 実際にメジャーで測ります。答えは67cm。
 ついでにE♭クラリネットは47cm、バスクラリネットは150cm

今回のクイズは、ほとんどの答えをただ教えるのではなく、
実際の演奏や現物を手に取ったり、測ってみたりと、こども達の心をつかむのに十分でした。

続いて色々聴いてみようでは、クラリネットがオーケストラだけでなく、ジャズやブラスバンド、ちんどん屋さんなど、色々なジャンルで活用されている、とても音域が広く、豊かな表現力を持った楽器だと言うことを説明して、その特徴が理解できる「小さな世界」「美女と野獣」の2曲を演奏しました。
「小さな世界」では出てくる国の国旗を並べて、雰囲気を盛り上げました。

クラリネットを触ってみようでは、大・中・小のどの楽器を触りたいか楽器を選ばせます。
2つの病院ともバスクラリネットが一番人気。
やはり、大きいほうが人気があるようです。
講師が音を出して、生徒がキーを押すと音が変わることを楽しめます。
これだけでも初めて触る楽器にみんな大喜びでした。






一緒に歌おうでは、「キッズソングメドレー」~バナナの親子、スズメがサンバ、おもちゃのチャチャチャを一緒に歌い、最後に「サウンドオブミュージックメドレー」の演奏をじっくりと聞いてもらい、本日の授業を終了しました。

講師の山田さんや小田さんがとても明るく楽しいおしゃべりで生徒の心を引きつけてくれたので、あっという間に60分が過ぎ、きっと生徒も満足だったと思います。

九大病院の小学校の竹尾先生が、いつもほとんど笑わないこどもがとても楽しそうに笑っていたので本当に良かったと言われました。
講師の皆さんお疲れさまでした。
 
参加者
6月23日(金)11:00~12:00 九州大学病院小児医療センター
OnPal/松隈、安田、真隅k
病 院/小学生14人、中学生4人
院内学級教師3人、お母さん多数 

6月26日(月)11:00~12:00 福岡市立こども病院
OnPal/松隈、安田、真隅k、真隅s GAP/川崎
病 院/小学生4人、中学生1人
院内学級教師1人、お母さん5人 


  


Posted by つぶやきホルン at 22:14Comments(1)OnPal

2017年07月11日

フルートを聴いてみよう吹いてみよう

OnPalの活動を開始して4年目、九州大学病院、福岡市立こども病院に続く3つ目の病院として、福岡大学病院で活動を開始しました。
記念すべき第1回の音楽授業は、今年の2月に九大病院とこども病院で実施したフルートの授業を行いました。
OnPal会員のフルーティスト白木彩子さんと仲間による授業です。

日 時:2017年6月15日(木)11:00~12:00
場 所:福岡大学病院 院内学級
テーマ:「フルートを聴いてみよう吹いてみよう」
講 師:フルート/白木彩子、金堂由樹子  ピアノ/藤江敬子

①オープニング
  グリーグ作曲:ペールギュントより「朝」
②フルートってどんな楽器だろう
  楽器クイズ
③フルートの仲間たち~それぞれの楽器をみてみよう
  ピッコロ、フルート、アルトフルート
④いろんな曲を聴いてみよう
  イングランド民謡:ピクニック
  葉加瀬太郎:情熱大陸
  J.Lacalle:アマポーラ
⑤さあ!フルートのように音を出してみよう
⑥いろんな曲を聴いてみよう NO.2
  ピアソラ:リベルタンゴ
  A Whole New World
⑦さいごに・・・フルートといっしょに歌おう
  さんぽ

初めにペールギュントより「朝」の演奏です。
ブラスバンド部にはいっている女の子やピアノを習っているという女の子もいて、プロの演奏に釘付けでした。



そして楽器クイズです。
「フルートは次のうちどの楽器の仲間でしょう」「フルートの長さは次のどれでしょう」などの質問を5問答えてもらいました。
今回はペースメーカー(元気に雰囲気をひっぱってくれるこども)がいなかったので、なんとなくみんな恥ずかしがっていましたが、熱心に勉強してくれたようです。

フルートの仲間たちでは、ピッコロとアルトフルートを紹介しました。
ピッコロの紹介は「熊蜂の飛行」。高い音で早いパッセージのピッコロらしい曲です。
また、アルトフルートは「白鳥」で、アルトフルートらしい低音の魅力を楽しんでもらいました。

いろんな曲を聴いてみようでは、特に「ピクニック」「情熱大陸」「アマポーラ」の3曲を聴いてもらいました。
息の合ったプロ演奏に、こども達だけでなくお母さん方も熱心に聴いていただきました。

お待ちかねの「フルートのように音を出してみよう」では、テキストやビール瓶などを使って、「音はなぜ出るのか」という、学校でも教えてくれないことを説明しました。
そして、私が作った手づくりフルート(頭部菅のみ)を全員に配って吹いてもらいました。
ほとんどのこどもは音が出ないのですが、一緒に配ったストローをフルートの歌口に宛てて吹くとピーっと音が出ます。
ちょっとでも音が出るとびっくりして、嬉しそうにしているのがわかります。
フルートの音が出る仕組みをちょっとは理解してくれたかもしれませんね。





ピアソラの「リベルタンゴ」や「A Whole New World」のとても素晴らしい演奏を聴いて、最後は、一緒に「さんぽ」を歌って、楽しいフルートの授業を終わりました。

翌日、福大病院の担当の方から、こどももお母さん方もとても喜ばれていたというお礼の電話を頂きました。

参加者
OnPal/真隅、真隅昌子、松隈 GAP/川崎
病 院/小学生4人、中学生2人、幼児1人、院内学級教師2人
  


Posted by つぶやきホルン at 21:47Comments(0)OnPal

2017年07月10日

シュテファン・ドール

先週、アクロス福岡に、ハンブルク交響楽団の演奏会を聴きに行きました。
目当ては、ベルリンフィル首席ホルン奏者のシュテファン・ドールさんの演奏を聴くためです。

5年前にベルリンでベルリンフィルを聴いたときは出演していませんでした。
なので、初生演奏です。

曲目はリヒャルト・シュトラウスの協奏曲第1番 名曲です。

感想は・・・神ですね。
男らしく吠えてほしい所では期待通り。
そして、2楽章のむせび泣くような繊細な音色。
リヒャルト・シュトラウスの1番は若い時の作品で、80歳を過ぎて作曲した2番と比べると、それほど深い曲とは思っていませんでした。
が!!惚れ直しました。

それにしても、名手の演奏を聴いていつも思うのは、同じホルンでなんでこんなに違うのかということです。
当たり前なんですが、練習するのがあほらしくなってしまいます。





ハンブルク交響楽団もとても素晴らしいオーケストラでした。
オーボエのおじちゃん・・・こちらは女神のように素敵な音でした。
  


Posted by つぶやきホルン at 22:23Comments(1)楽しい活動・音楽編

2017年07月05日

真隅政大 真夏の午後のコンサート 2017

ドイツでピアニストとして活動している息子が、今年も夏の帰国に際して、コンサートを開催します。
本年はピアノソロで、J.S.バッハの「イタリア協奏曲」に始まり、モーツァルト、ショパン、ブラームスの名曲を、例年どおりお話を交えながらお聴きいただきます。
暑い夏の午後ですが、教会の涼しい空間に響くピアノの音色を楽しみにお越しください。

チケットはe-mail:ondanren@jcom.home.ne.jp宛てに、必要枚数とお名前・送付先〒住所・電話番号を送信いただくか、
福岡パルコ5階のチケットポート福岡パルコ店(TEL:092-712-6808)でご購入ください。

真隅政大 真夏の午後のコンサート 2017
2017年8月20日(日)15:00開演 (14:30開場)
会 場 : 九州キリスト教会館
(福岡市中央区舞鶴2-7-7 TEL:092-712-6808
地下鉄赤坂駅徒歩7分)
入場料 : 2000円 (全席自由)
Program
◆J.S.バッハ    イタリア協奏曲 BWV971
◆モーツァルト  ピアノソナタ イ短調 K.310
◆ショパン    幻想曲 ヘ短調 作品49
◆ブラームス   4つの小品 作品119



  


Posted by つぶやきホルン at 23:18Comments(1)福岡・佐賀のコンサート情報