› つぶやきホルン › 福岡市民オーケストラ

  

Posted by at

2013年02月15日

ヴァイオリン奏者 緊急募集

福岡市民オーケストラではヴァイオリン奏者を緊急募集しています。

入団には「オーディション」がありますが、ある程度オーケストラなどで演奏経験があって、毎週の練習に参加していただける方ならば大丈夫です。
もちろん少し経験が足りなくても“若くて?やる気のある人”ならば大歓迎です。
私たちと一緒に演奏を楽しみませんか?

【福岡市民オーケストラについて】
1972年創立の100名近いメンバーを擁するアマチュアオーケストラです。
年2回の定期演奏会のほか、福岡音楽団体連絡会との共催による「第九inふくおか」「2001・復活」や全国アマチュアオーケストラフェスティバル福岡大会など精力的な活動を続けています。


主な演奏活動:年2回の定期演奏会
主な練習時間:毎週土曜日18:30~21:00
主な練習場所:パピオビールーム
団 費:2000円/月


いつでも見学できます

いきなり来ていただいても結構ですが・・・
問い合わせ先(真隅)
E-mail:ondanren@jcom.home.ne.jp


【最近の定期演奏会の演奏曲目】
第67回
 ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲
 マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調

第66回
 ボロディン:歌劇「イーゴリ公」序曲
 ライネッケ:フルート協奏曲ニ長調作品23
 チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64

第65回
 ラヴェル:古風なメヌエット
 リスト:交響詩「レ・プレリュード」
 ドヴォルザーク:交響曲第7番ニ短調作品70

第64回
 ブラームス:悲劇的序曲
 モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
 ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

第63回
 フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」前奏曲
 ショパン:ピアノ協奏曲第2番ヘ短調
 シューベルト:交響曲第8番ハ短調「ザ・グレート」

第62回
 ビゼー:「カルメン」組曲より抜粋
 プーランク:バレエ組曲「牝鹿」
 ブラームス:交響曲第3番ヘ長調作品90



  


Posted by つぶやきホルン at 22:47Comments(0)福岡市民オーケストラ

2012年10月28日

福岡市民オーケストラ創立40周年記念演奏会

福岡市民オーケストラ創立40周年記念
第68回定期演奏会

日 時:2012年11月4日(日)14時開演
会 場:アクロス福岡シンフォニーホール
指 揮:森口真司
演奏曲目
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第一幕への前奏曲
マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調
入場料:全席自由 一般1,500円、学生500円(小学生~大学生)

40周年記念演奏会がいよいよ今度の日曜日に迫りました。

昨日と今日は最後の仕上げ
と、言いたいのですが
まだ、全然仕上がっていません。

今日の練習で、初めて全楽章を通しで演奏してみて、
やはりこの曲が如何に大変かが良くわかりました。

部分、部分を取り出して演奏すればもう十分吹けるようになっているのですが、
曲が流れだすと、ついていくので精いっぱい。

あと一週間あります。
楽譜とにらめっこして
40周年にふさわしい満足のいく演奏を目指します。

皆さま、今度の日曜日のお昼は
アクロス福岡にお出かけください。



マーラーに関する勝手な解説は
こちら をご覧ください  


Posted by つぶやきホルン at 18:27Comments(0)福岡市民オーケストラ

2012年08月20日

福岡市民オーケストラ指揮練

昨日と一昨日は第67回定期演奏会に向けた最初の指揮練でした。

今回の演奏会は福岡市民オーケストラの創立40周年記念演奏会

私は1978年の第5回定期演奏会から出演していますので、40年の内の35年は福岡市民オーケストラで過ごしていることになります。

その間、出演しなかった演奏会は2回。ということは今回で61回目のステージ?いえいえ違います。定期演奏会以外に13回の特別演奏会を行っていますので74回目のステージです。

私より古い団員は、初代団長のヴィオラの石橋さん、2代目団長で同じくヴィオラの田中さん、フルートの大西さんの3人だけになってしまいました。因みに私は第3代の団長を務めたんですよ。

よくもまあ、ここまで頑張ってこれたものです。

「そろそろやめればいいのに!」・・・と思っている団員も多かったりして??
すみませんがもうしばらく遊ばせてくださいね!!

「遊びとはけしからん!」・・・と思ってしまう団員もいたりして??
いえいえ、アマチュアとは、元来はけっして「しろうと」という意味ではなく、西洋では純粋に好きなものに打ち込む人のことを「アマチュア」と呼んだのですが、日本では「遊び」にその意味がこめられているのです。

おっと、ちょっと脱線してしまいました。

福岡市民オーケストラ創立40周年記念
第68回定期演奏会
日 時:2012年11月4日(日)14時開演
会 場:アクロス福岡シンフォニーホール
指 揮:森口真司
演奏曲目
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第一幕への前奏曲
マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調
入場料:全席自由 一般1,500円、学生500円(小学生~大学生)


今回の指揮は森口真司さん
市民オケは4回目で、2009年6月の第60回定期演奏会以来3年半ぶりの登板です。
大分芸術短期大学 http://www.oita-pjc.ac.jp/edu/teacher/music/moriguchi.html
オーケストラタヴァーイ http://davai.jp/Moriguchi.html

今回演奏するマーラーの交響曲第5番は、超難関の大曲です。
福岡市民オーケストラではこれまで、20周年記念がマーラーの交響曲第1番「巨人」、30周年記念がマーラーの交響曲第2番「復活」というように、10年毎にマーラーの交響曲に挑戦してきました。
さてさて、今回の挑戦はどうなりますことやら。ご期待ください。



  


Posted by つぶやきホルン at 22:38Comments(0)福岡市民オーケストラ

2012年06月19日

福岡市民オーケストラ第66回定期演奏会終了

6月17日(日)に福岡市民オーケストラ第66回定期演奏会が無事・・本当に無事終了しました。face02

今回の演奏会のハイライトは、何と言っても初共演だった指揮者の大井剛史(おおいたけし)さんの素晴らしいご指導だったと思います。

「言葉で表現しているのはせいぜい2割程度、すべては指揮棒で示しているつもり」とのお言葉のとおり、本番の棒は、指揮者が思い描く音楽に対して、なかなか思い通りに演奏してくれないオーケストラを如何に近づけていくかという真剣勝負が感じられるものでした。

一生懸命棒を追いかけていても、理屈では分かっていても、その棒に応えられない自分に歯がゆさを感じながら、必死で緊張感(いくら齢を重ねても駄目ですね)と戦い、気持ちでは完璧な演奏を目指していた私でした。 結果は???icon194

でも、オーケストラの皆さんは、いつも以上に良い緊張感の中、全体の音を聴き、指揮者に喰らいついていった、とてもよい演奏だったと思います。最後まで本当に熱心にご指導してくださった指揮者のおかげです。face01

ハイライトの2番目は、ソリストとしてお迎えしたフルートの大村友樹さんの素晴らしい演奏でした。オーケストラもソリストに迷惑をかけないようにと、みんな一生懸命練習していたのが良くわかります。特にソリストと大切な掛け合いのソロを演奏したチェロの竹島さんの演奏は立派でした。私も1stホルンで結構ソリストとの掛け合いが多く、さらにアンサンブルが薄くて一音たりとも外せない上に、限界のピアニッシモの連続ということで相当緊張しました。一拍早く飛び込むという痛恨のミスを犯してしまいましたが・・・・・お客様はきっと気がつかれていないでしょうね??icon195

ハイライトの最後は、ボロディンのイーゴリ公序曲とチャイコフスキーの交響曲第5番でホルンの1stを担当した田中美染香さんと、今回、市民オケ初ステージとなった浴中さん、藤浦さんという3人の若い娘たちの好演でした。特に田中さんのチャイコフスキー2楽章のソロは本当に素晴らしい音色を聴かせてくれました。ブラボーです。face05

さあ、いよいよ次回、11月4日(日)は40周年記念演奏会。
マーラーの交響曲第5番です。
がんばりますので、また是非聴きに来てくださいね。icon97icon65

ところで、余談ではありますが、
現在私は、訳あって、職場から家以外での飲酒を禁止されております。
まあ、全国的に有名になった話ですが・・・・
そこで、万全の対策をもって、演奏会の打ち上げに臨みました。



ノンアルコールビールは結構いけますよね。
ノンアルコール焼酎は・・・発展途上??
正直言って「まずかった」です。

次回の演奏会はやっぱり、ビールとワインと大吟醸やね~~!!icon151  


Posted by つぶやきホルン at 22:36Comments(0)福岡市民オーケストラ

2012年05月20日

Happy Wedding

昨日、福岡市民オーケストラの大島正嗣君と荒牧香理さんの結婚式がホテル日航福岡で行われ、夫婦で出席しました。

大島君は神戸出身で数年前に福岡市民オケに入団、ヴァイオリン奏者ですが類稀なる才能を指揮に発揮し、毎週土曜日の練習を引っ張ってくれました。
香理さんもその直後に市民オケに入団し、ヴァイオリンパートの貴重な戦力でしたが、大島君の東京転勤でお二人とも今は千葉で暮らしています。

結婚式はホテル日航福岡の「チャペル・プリエール」で有名なオルガニスト・池田泉さんの演奏によって格調高く執り行われました。

  

また、披露宴も同じ建物の中でしたが、さすがに日航ホテル、雰囲気も非常に素晴らしく、料理もとっても美味しかったですね。

  


指揮者の金聖響さんからのビデオメッセージが届きました。すごい!!


私の嫁ほか、市民オケメンバーによるカルテット


イタリアでヴァイオリン製作者になった大島君の友人に香理さんが
ヴァイオリンの製作を依頼していました。
サプライズのプレゼントです。やるね~~!!


早速、そのヴァイオリンを使っての演奏です。
右の二人は香理さんの姉妹たち、二人ともプロです。

  

とってもおいしい料理の数々
肝心のメインディッシュの写真撮影を忘れました。

みんなに心から祝福された幸せいっぱいの結婚式・披露宴でした。face02

明るく楽しい家庭を築いてくださいね。
最低でも家族でカルテットはできるように子づくりにも励んでくださいね。
face05


こちらは二次会の模様です。

 
ブログに載せるよといったら否定しなかったのでちょっと加工しましたが載せました。
  
タグ :結婚式


Posted by つぶやきホルン at 16:24Comments(0)福岡市民オーケストラ

2012年05月13日

福岡市民オーケストラ第66回定期演奏会

昨日と今日は、
福岡市民オーケストラ第66回定期演奏会に向けた
第3回目の指揮練でした

演奏会の本番まであと一ヶ月ちょっと
どの曲もだいぶ曲らしくなってきました

今日は、ソリストの大村さんの初登場
やっぱりプロは違いますね
とっても難しいパッセージもあっさりと吹いてしまいます
これからオーケストラと息があってくれば
さらに楽しみですface05

それにしてもこの曲のホルンのトップは難しい
究極のピアニッシモを求められます
リズムの変化やフルートとの掛け合いなど
全曲を通じて息が抜けません
こりゃ・・大変だ!!face08

指揮の大井さんも
細部にわたりかなりレベルの高い要求をしていただけます
オーケストラがどんどん上達するのがわかります
なかなか楽しい演奏会になりそうですface02

市民オーケストラの演奏会は
クラシック音楽をあまり聴いたことがない人も
日曜日のお昼に気軽に楽しんでいただける
そんな演奏会です
託児所も用意しているんですよ

是非、聴きに来てくださいね

演奏会の内容は次のとおりです。

●第66回定期演奏会

■日時:2012年6月17日(日)14時開演
■会場:アクロス福岡シンフォニーホール
■指揮:大井 剛史
■ソリスト:大村 友樹
■演奏曲目:
・ライネッケ:フルート協奏曲 ニ長調 Op.283
・ボロディン:歌劇「イーゴリ公」序曲
・チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64
■入場料(全自由席):一般1500円 学生500円
■お問合わせ:092-714-1434 mail@fco.sakura.ne.jp







  


Posted by つぶやきホルン at 18:54Comments(0)福岡市民オーケストラ

2012年05月02日

結婚式の演奏練習

4月29日は、オーケストラの仲間3人がやってきて、嫁と4人で弦楽四重奏の練習でした。
市民オケメンバーの大島君と荒巻さんの結婚披露宴で演奏するバッハを練習するためです。

まあ、練習はほどほどで、メインはパーティ。
みんなビールやワインをしっかりと飲んで楽しんでいました。

飲んだ後にまた練習。
かなりよれよれのアンサンブルでしたが、
「本番もこれぐらい飲んでいても大丈夫だね・・・??」
などと訳のわからんことを言ってましたよ。

大島君、荒巻さん・・・楽しみにしといてね!!face05





  


Posted by つぶやきホルン at 23:26Comments(0)福岡市民オーケストラ

2012年04月01日

福岡市民オーケストラ指揮練

昨日と今日は、福岡市民オーケストラ第66回定期演奏会に向けた、第一回目の指揮練でした。

演奏会の内容は次のとおりです。

●第66回定期演奏会
■日時:2012年6月17日(日)14時開演
■会場:アクロス福岡シンフォニーホール
■指揮:大井 剛史
■ソリスト:大村 友樹
■演奏曲目:
・ライネッケ:フルート協奏曲 ニ長調 Op.283
・ボロディン:歌劇「イーゴリ公」序曲
・チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64

指揮の大井剛史さんは、市民オケ初登場。
1974年生まれ。東京芸術大学指揮科を卒業後
2008年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで第2位入賞。
2009年より山形交響楽団指揮者、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉常任指揮者に就任した期待の若手指揮者です。
http://conductor-ooi.mimoza.jp/profile/index.html

フルートの大村友樹さんは、北海道出身。
1991年より東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団のフルート奏者を務め、2006年から熊本を拠点に活躍している、こちらも若手フルート奏者です。
http://www.pearlgakki.com/flute/omura_story.html

第一回目の指揮練の印象は、大井さんはとっても細やかな、アマチュアに対しても妥協を許さないきっちりとした演奏を求める方だと思いました。
これからの厳しいトレーニングがとっても楽しみです。







練習とは関係ないけど、練習の朝の朝食です。
私の手料理ですよ。

  


Posted by つぶやきホルン at 22:16Comments(0)福岡市民オーケストラ

2012年02月19日

福岡市民オーケストラ団内発表会

本日2月19日、福岡市民オーケストラの団内発表会がありました。

この催しは、私が始めたもので、毎年恒例となりもう30年以上も続いています。

今年は、13グループが出演し、日ごろの練習の成果を披露しました。

もちろん私も出ましたよ。
いつもの木管5重奏「白雪姫2」で。
フランツ・ダンツィの木管五重奏曲Op56-3を演奏しました。

出来は??
やっぱり上がっちゃいましたね。
この歳になってもだめですね。

でもとっても楽しく演奏できたので満足してます。

一番嬉しかったのは、金管アンサンブルです。
私は仲間に入れてもらえなかったけど??
若い人たちがみんな参加してとっても良いアンサンブルができています。

最近なかなかいい雰囲気になってきたと喜んでいます。

出演されたみなさん、お疲れさまでした~~~!!!face02


  


Posted by つぶやきホルン at 23:16Comments(0)福岡市民オーケストラ

2012年01月09日

白雪姫2

今日は、我が家で「白雪姫2」の吹き初めをしました。
「白雪姫2」は福岡市民オーケストラメンバーの木管五重奏グループです。

元々は、若い女性一人とおじさん4人で「白雪姫と4人のおじさん」からスタートしたのですが、
メンバーの入れ替えとともに色々と変遷があって、
今は、2人の美女と3人のおじさんで「白雪姫2」です。

福岡市民オーケストラ恒例の団内発表会(2月19日)に向けての練習です。
曲目は、フランツ・ダンツィ:木管5重奏曲NO.56-3
これまでNO.56-1,2をやってきましたので最後の曲です。

練習を2間ほどで切り上げて、
あとは新年会!!

「生ハムとルッコラのオリーブオイル添え」
「アボガドとゆでエビのサラダ」
「モッツァレラチーズとトマトのカプレーゼ」
「お刺身の盛り合わせ」
「手巻きずし」
「豚ちり鍋」 など


とっても楽しいひと時でした。face02



 このウニは絶品でした。

 白雪姫2人と大西さん、手前に工藤さんと私、嫁
                              
タグ :新年会


Posted by つぶやきホルン at 00:09Comments(0)福岡市民オーケストラ

2011年11月28日

演奏会が終わりました

昨日、福岡市民オーケストラの第65回定期演奏会が無事終了しました。

1000人以上のお客様にご来場いただきました。
心より感謝申し上げます。 face05

私も今回はメインプログラムのドボルザークの交響曲7番のトップを吹かせていただきました
確か、2000年春のブラームスの3番以来だったのでは?
この歳でトップを吹くとは思っていませんでしたので相当気合いを入れて練習しました。

結果は??

はい、十分楽しませていただきました。
いろいろ音をはずしたりご迷惑をおかけした部分は、
お詫び申し上げます。

来季は、3人の若い新入団員を迎えましたので、
もう、私がしゃしゃり出る幕はありませんね。
正直ホッとしています
ちょっとさみしさはありますが。

来季は、

第66回定期演奏会
2012年6月17日(日)14時
アクロス福岡シンフォニーホール
ボロディン:歌劇「イーゴリ公」序曲
ライネッケ:フルート協奏曲ニ長調作品283
チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64


これからも福岡市民オーケストラよろしくお願いいたします。face02

ところで、打ち上げの後は、恒例の彦ずしさんで2次会です。
もちろん私にとっては、こちらが打ち上げのメインですがね。

そこで、大将がもくもくと握りの大鉢を何段も積み重ねています。
時間は8時過ぎです。
こんな時間にこんなにたくさん出前を注文する人がいるんだな~~
と不思議に思って聞くと、

大将が・・・・「白鵬」ですよ。
NHK放送会館でこれから優勝祝いがあるそうです。
そうか、九州場所の千秋楽だった。納得!!face08


こちらは市民オケの打ち上げ風景
指揮者の蔵野先生(右端)と乾杯!!

  


Posted by つぶやきホルン at 17:42Comments(0)福岡市民オーケストラ

2011年11月20日

いよいよ来週は演奏会

♪♪福岡市民オーケストラ第65回定期演奏会♯♭

いよいよ来週の日曜日は第65回定期演奏会です。

昨日と今日は、最後の指揮練
まだまだ、不安なところもありますが、
やっといい感じになってきました。

私も今回は久しぶりにメインのトップを吹かせてもらいます。
メインはドボルザークの交響曲第7番。
1stホルンが大活躍の曲ですが相当しんどい!!
老骨に鞭打って練習を重ねてきましたが、
やっとなんとか吹けそうなところまで持ってきました。
face02

福岡市民オーケストラでは
クラシック音楽を気軽に楽しんでいただくため
日曜日のお昼に演奏会を開催しています。

是非、聴きに来てくださいね~~(@^^)/~~~

日 時:11月27日(日) 14:00開演(13:30開場)
場 所:アクロス福岡シンフォニーホール
曲 目:ラヴェル:古風なメヌエット
    リスト:交響詩「レ・プレリュード」
    ドボルザーク:交響曲第7番ニ短調
指 揮:藏野雅彦
入場料:一般 1500円 高校生以下 500円


※当日は会場に無料託児所をご用意しております。
利用ご希望の方は11月21日までに
オーケストラ事務局までお申し込み下さい。
メール:mail@fco.sakura.ne.jp TEL080-6423-3366

ラヴェルについて
http://horn.yoka-yoka.jp/e772107.html

リストについて
http://horn.yoka-yoka.jp/e772536.html

ドボルザークについて
http://horn.yoka-yoka.jp/e394626.html


ところで・・・・・
ソフトバンクホークス優勝おめでとうございます~~~~!!icon97face05

演奏会が来週でよかった!!!



  


Posted by つぶやきホルン at 22:39Comments(0)福岡市民オーケストラ

2011年10月23日

第2回目の指揮練

昨日と今日は
福岡市民オーケストラ第65回定期演奏会に向けた
2回目の本番の指揮者による練習=「指揮練」でした。

 

今回、指揮をお願いした藏野先生に
しっかりと指導していただきました。

まだまだ、アンアンブルになっていない状態ですが
みんなだいぶ曲に慣れてきたなという感じです

本番まではあとひと月ありますから
なんとかなるでしょう。

私も、老骨に鞭打って練習します!!

日 時:11月27日(日) 14:00開演(13:30開場)
場 所:アクロス福岡シンフォニーホール
曲 目:ラヴェル:古風なメヌエット
    リスト:交響詩「レ・プレリュード」
    ドボルザーク:交響曲第7番ニ短調
指 揮:藏野雅彦
入場料:一般 1500円 高校生以下 500円

是非ご来聴くださいね~~(@^^)/~~~

という訳で
夫婦でとっても疲れたので
夜は少し美味しいものを食べに行きました。

いつものお蕎麦屋さん「ひら川」さんです。
いろいろいただいて、
締めは当然「盛りそば」ですが、

今日の初メニューが
写真の「かぼちゃと2種類のチーズのテリーヌ」
ゴルゴンゾーラチーズのカビの匂いが
私にはたまりませんでした。

とってもきれいでしょ。

 

  


Posted by つぶやきホルン at 23:26Comments(0)福岡市民オーケストラ

2011年10月19日

♪♪福岡市民オーケストラ第65回定期演奏会♯♭

福岡市民オーケストラでは
11月27日(日)午後2時から
アクロス福岡シンフォニーホールで
第65回定期演奏会を開催します。


今回の演奏会のメインはドボルザークの交響曲第7番

ドボルザークの交響曲第7番は
有名な第9番「新世界より」よりも民族色が濃く、
とてもエキゾチックな雰囲気が漂う曲

1stホルンが大活躍の曲で、
私が久しぶりにトップホルンを吹きまくります。


ちょっと体力が心配ですがface07

福岡市民オーケストラでは
クラシック音楽を気軽に楽しんでいただくため
日曜日のお昼に演奏会を開催しています。

是非ご来聴くださいね~~(@^^)/~~~ 

日 時:11月27日(日) 14:00開演(13:30開場)
場 所:アクロス福岡シンフォニーホール
曲 目:ラヴェル:古風なメヌエット
    リスト:交響詩「レ・プレリュード」
    ドボルザーク:交響曲第7番ニ短調
指 揮:藏野雅彦
入場料:一般 1500円 高校生以下 500円


※当日は会場に無料託児所をご用意しております。
利用ご希望の方は11月21日までに
オーケストラ事務局までお申し込み下さい。
メール:mail@fco.sakura.ne.jp TEL080-6423-3366

  


Posted by つぶやきホルン at 22:06Comments(0)福岡市民オーケストラ

2011年09月19日

最初の指揮練

昨日と一昨日は、福岡市民オーケストラの第65回定期演奏会に向けた、最初の指揮練でした。

今回の指揮者は藏野 雅彦さん
2年前の第61回定期演奏会で、チャイコフスキーの悲愴ほかを振っていただきました。
市民オケ2回目の登場です。

福岡市民オーケストラ第65回定期演奏会
■日時:2011年11月27日(日)14時開演
■会場:アクロス福岡シンフォニーホール
■指揮:藏野 雅彦
■演奏曲目:
 ラヴェル:古風なメヌエット
 リスト:交響詩「レ・プレリュード」
 ドヴォルザーク:交響曲第7番ニ短調作品70


今回私は、ラヴェルとリストが2nd、 ドヴォルザークは久々のトップを吹きます。
ドヴォルザークの交響曲第7番は、有名な第9番「新世界より」や第8番とはかなり趣が違います。
とっても「異邦人」な世界の曲で、ホルンの1stは一言で言うと「吹きまくる」感じの曲です。

久しぶりに若返って吹きまくりたいですね。face05

  


Posted by つぶやきホルン at 22:27Comments(0)福岡市民オーケストラ

2011年06月19日

ありがとうございました

福岡市民オーケストラ第64回定期演奏会が今日終わりました。

ご来場いただきました皆様、大変ありがとうございました。

残念ながらおいでいただけなった皆様は、次回11月27日の第65回定期演奏会に是非ご来聴ください。

次回は、ドボルザークの「交響曲第7番」、リストの「前奏曲(レ・プレリュード)」、ラベルの「古風なメヌエット」に決まりました。

ちなみに私は久しぶりにメインのドボルザークの「交響曲第7番」でトップを吹きます。

えっ!!・・今日の演奏はどうだったかですって??

それは人それぞれですね。

私は90%かな? もっと完璧にやりたかったのですが、やはり全曲をコントロールするのは難しいですね。

次回、がんばります。

  


Posted by つぶやきホルン at 23:38Comments(2)福岡市民オーケストラ

2011年06月12日

本番までいよいよ1週間

福岡市民オーケストラ第64回定期演奏会の本番までいよいよ1週間。

昨日と今日は、今回の指揮をお願いしている、関西フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターのギオルギ・バブアゼさんによる第3回目の指揮練でした。

休みの日の朝食は私が作ることになっていますが、今日は12時から練習で、昼食を食べる時間があまりないので、少ししっかりと作りました。

メニューは、アスパラガスとマッシュルーム入りのオムレツ、ロースハム、きゅうりとレタスを刻んだサラダにフルーツトマト、それにレーズンとナッツ入りの食パン、アイスコーヒーです。



たっぷりといただいたところで、いざ練習会場の南市民センターへ出発

バブアゼさんのトレーニングは、さすがにヴァイオリン奏者です。
モーツァルトの交響曲では、絃楽器だけの練習にかなりの時間を割いており、ことあるごとにコンサートマスターのヴァイオリンを取り上げては弾き方を教えてくれるんですよ



バブアゼさんの要求に団員のレベルが追いつきませんので、教えられた通りにはなかなかできませんが、それでも今回のトレーニングで絃楽器のレベルがかなり向上したことは間違いなさそうですね。



福岡市民オーケストラでは、クラシック音楽を気軽に楽しんでいただくため、日曜日のお昼に演奏会を開催しています。

当日券もありますので是非お越し下さい。

日 時:2011年6月19日(日) 14:00開演(13:30開場)
場 所:アクロス福岡シンフォニーホール
曲 目:ブラームス:悲劇的序曲
    モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
    ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」
指 揮:ギオルギ・バブアゼ(関西フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター)
入場料:一般 1500円 高校生以下 500円


※当日は会場に無料託児所をご用意しております。
利用ご希望の方は6月13日までにオーケストラ事務局までお申し込み下さい。
メール:mail@fco.sakura.ne.jp TEL080-6423-3366


  
タグ :演奏会福岡


Posted by つぶやきホルン at 19:35Comments(0)福岡市民オーケストラ

2011年05月14日

ホルン吹き大募集

福岡市民オーケストラには現時点でホルン奏者は4人です。

これって、団員が90人ほどのオーケストラとしては極めて少ないのです。
6~7人はいてもおかしくはありません。

しかも、平均年齢は50超えface07

これまでも新入団員を募集してきたのですが・・・(;一_一)

ところが、今季限りで一人休団することになったのでいよいよ逼迫しました。

しかもかろうじて一番若かった団員が休むので平均年齢は55に肉薄icon196

という訳で

ホルン吹き大募集してます。 

オーディションが一応ありますが、

私の勝手な合格判断基準としては

①50代の方ならばかなり上手な方
②40代の方ならそこそこ吹ける方
③30代の方ならまあまあ吹ける方
④20代以下ならとりあえず吹けて、やる気のある方


これはあくまで私の勝手な基準ですからどなたでもお気軽にどうぞface02

練習はパピオビールームの中2練習室で毎土曜日18時30分開始です。

  


Posted by つぶやきホルン at 15:24Comments(2)福岡市民オーケストラ

2011年05月04日

福岡市民オーケストラ第64回定期演奏会

4月24日日曜日は、福岡市民オーケストラ第64回定期演奏会に向けた第1回目の指揮練(本番の指揮をお願いしている指揮者による練習)でした。icon65

今回の指揮者は、前々回、つまり昨年春の定期演奏会に続いて、ギオルギ・バブアゼさん
関西フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターで、グルジア人、関西方面での愛称は「ゴギさん」です。icon64

とっても親しみやすく、素敵なお人柄と、絃楽器プレイヤーへの強化トレーニング、もちろんオケ全体のレベルアップも期待しての再登板ですface02

 

今回の演奏会では、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」ほか、ブラームス、モーツァルトの名曲を演奏します。icon97

ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」は、市民オーケストラの定期演奏会で4回目の登場です。「運命」をもう一度しっかりと演奏してみたいという新たな気持ちでの挑戦ですicon09

福岡市民オーケストラでは、クラシック音楽を気軽に楽しんでいただくため、日曜日のお昼に演奏会を開催しています。是非お越し下さいface05

日 時:2011年6月19日(日) 14:00開演(13:30開場)
場 所:アクロス福岡シンフォニーホール
曲 目:ブラームス:悲劇的序曲
    モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
    ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」
指 揮:ギオルギ・バブアゼ(関西フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター)
入場料:一般 1500円 高校生以下 500円


※当日は会場に無料託児所をご用意しています。
利用ご希望の方は6月13日までにオーケストラ事務局までお申し込み下さい。
メール:mail@fco.sakura.ne.jp TEL080-6423-3366

詳しくはチラシをご覧ください。  


Posted by つぶやきホルン at 17:59Comments(0)福岡市民オーケストラ

2011年02月27日

スノー・ホワイト・クウィンテット

ふくおか芸術文化の祭典が終わりました。

福岡県のさまざまな分野の文化団体組織の集まりである「福岡県文化団体連合会」の創立20周年記念行事ということで、舞踊あり、詩吟あり、バレエあり、音楽ありのすごいイベントでした。
スタッフの皆さんのご苦労にまずは感謝申し上げたいと思いますface01

本当に大変だっただろうな~~~!!!icon41

私たち「スノー・ホワイト・クウィンテット」は最後から3番目の出演。face08恥ずかしながら「福岡オーケストラ連絡会議」を代表しての出演です。

木管五重奏で宮崎駿アニメソング集を3曲演奏しました。
・崖の上のポニョ(崖の上のポニョより)
・いつも何度でも(千と千尋の神隠しより)
・君をのせて(天空の城ラピュタより)


アクロス福岡シンフォニーホールのステージは、いつもオーケストラでは演奏していますが、たった5人で演奏するのはみんな初めてです。

音響が素晴らしいホールなのでとっても楽しみにしていたのですが、反響板がなく、後ろは暗幕が張ってある状態で、正直最悪のコンディションでした。とても残念です。

でも、演奏している私たちが思ったよりは客席まで音が届いていたようで、なんとか恥かかずに済みました。

最高の演奏とはいきませんでしたが、とにかく楽しく演奏できたことが何よりですface02
当然ついさっきまで居酒屋さんで盛り上がって帰って来たところです。icon195

「スノー・ホワイト・クウィンテット」は、57歳から61歳のおじさんと、娘ほどの若き女性2人のクインテットです。感謝($・・)/~~~

元気いただいたから、明日からまた仕事がんばるぞ~~~。icon16

  
タグ :演奏会


Posted by つぶやきホルン at 23:46Comments(2)福岡市民オーケストラ