› つぶやきホルン › 福岡音楽団体連絡会

2016年09月25日

2016音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート

11月6日(日)13時よりアクロス福岡円形ホールにおいて、
毎年恒例の「ミニこん! ききにこん! あ・ら・かるとコンサート」を開催します。

今年は、福岡音楽団体連絡会に加盟する8団体より10グループが出演します。

ア・ラ・カルトとは自由に選んで注文する一品料理のことです。
弦楽合奏、管楽合奏、合唱、ピアノ、マンドリンなど色とりどりの演奏メニューをお楽しみください。

平成28年度福岡市民芸術祭参加
2016 音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート

2016年11月6日(日)  開場 12:30 開演 13:00 終演15:35(予定)
アクロス福岡1階 円形ホール

主 催:福岡音楽団体連絡会
共 催:福岡県・福岡市・(公財)アクロス福岡・(公財)福岡市文化芸術振興財団
後 援:福岡市教育委員会
運営協力:NPO法人 文化ボランティア とびうめの会

Part1
1.弦楽四重奏曲「アメリカ」より第1楽章
  福岡市民オーケストラ/朝日弦楽四重奏団
  A.ドヴォルザーク作曲
  弦楽四重奏曲第12番ヘ長調「アメリカ」より第1楽章
  1stヴァイオリン 松田 侑子
  2ndヴァイオリン 下中 由有紀
  ヴィオラ 野上 航
  チェロ 齊藤 拓登

2.ピアソラ 秋の香り
  福岡青年音楽家協会「緑のコンサート」
     /ピアノ・デュオ シュピーレン
  ピアソラ作曲 アディオス・ノニーノ
  ピアソラ作曲 リベルタンゴ
  ピアノ 福田智恵  小野あずさ

3.ピアノ四重奏の楽しみ
  福岡市民オーケストラ/クースグループ
  リヒャルト・シュトラウス作曲
      「ピアノ4重奏Op13」より「3,4楽章」
  ヴァイオリン 福山則江
  ヴィオラ 古賀由起子
  チェロ 畑仲俊治
  ピアノ 冨永真由美

4.リコーダーでアンサンブル
  福岡古楽協会/福岡リコーダーオーケストラ
  ピーター・ウォーロック作曲 ケイプリオル組曲
  指揮:小池耕平

5.オペラで変~身?
  西日本オペラ協会「コンセル・ピエール」
  ビゼー作曲 歌劇「カルメン」より “闘牛士の歌”
  オッフェンバック作曲
    歌劇「ホフマン物語」より “人形の歌”
  プッチーニ作曲 “猫の二重唱”
  ドニゼッティ作曲
    「ドン・パスクアーレ」より “準備は出来たわ”
  ソプラノ 林 麻耶
  バリトン 久世安俊
  ピアノ 山本由加子

Part2
6.やさしい心のうた
  福岡おかあさんコーラス連絡会/福娘シンガーズ
  カッチーニ作曲、森友紀 編曲 「アヴェ・マリア」
  岩城安広作詞、原田あきよ作曲 「うつくしま」
  さくらももこ詩、相澤直人作曲 「ぜんぶ」
  やなせたかし作詞、木下牧子作曲 「さびしいカシの木」
  指揮者:田中千佳
  ピアノ:川邊めぐみ

7.バッハを食うらう!?Part2
  福岡市民オーケストラ/花とおじさん
  フリードリヒ・クーラウ作曲
   フルート、ヴァイオリン、2本のヴィオラ、チェロのための五重奏曲より
  フルート 大西 修三
  ヴァイオリン 浅田 潤一郎
  ヴィオラ 行田 洋子
  ヴィオラ 吉田 文
  チェロ 平川 仁美

8.8分の6拍子
  福岡青年音楽家協会「緑のコンサート」/「Duo Myz」
  ロッシーニ作曲
    歌曲集「音楽の夜会」より“ヴェネツィアの競艇”
  メンデルスゾーン作曲
    「6つの二重唱曲作品63」より“秋の歌”
  オッフェンバック作曲 オペラ「ホフマン物語」より“舟歌”
  ソプラノ 内田華子
  メゾ・ソプラノ 福田綾子
  ピアノ 廣澤愛弓

9.マンドリンで奏でる世界の民謡
  福岡マンドリンオーケストラ/マンドリンアンサンブル
  C・G・ワルテル作曲 サンタルチア幻想曲
  武藤 理恵編曲 ロシア民謡メドレー
  小田 善朗編曲 津軽じょんがら節
  1st マンドリン  馬場 久美子
  2ndマンドリン  久保田 美波
  マンドラ     関 愛子
  マンドセロ    渡邊 彰子
  ギター      柴田 宗鴻
  コントラバス   森 勇基

10.COLORS
  RKB女声合唱団
  谷川俊太郎 詩  石若雅弥 曲
  女声合唱とピアノのためのこころの色 から
  こころの色 ことばのとおりに もっと向こうへと
  指揮 久世安俊
  伴奏 大城綾子



  


Posted by つぶやきホルン at 18:30Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2016年01月11日

2015 音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート

昨年11月に開催した福岡音楽団体連絡会の恒例のアンサンブルコンサートの報告です。
大変遅くなりましたが掲載します。

今回は、例年よりも合唱の出演が多かったため、出演者総数がいつもの倍以上の約230人になりました。
おかげで、お客さまも例年の3割増しくらいで、最後まで立ち見が絶えない状況でした。
座れなかったお客様には大変申し訳ないことでしたが、お楽しみいただけましたでしょうか。
次回は、平成28年11月6日(日)13時から同じ円形ホールでの開催です。
次回もお待ちいたしております。



平成27年度福岡市民芸術祭参加
2015 音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート

2015年11月3日(火・祝)
開場 12:30 開演 13:00
アクロス福岡1階 円形ホール

主 催:福岡音楽団体連絡会
共 催:福岡県・福岡市・(公財)アクロス福岡・
    (公財)福岡市文化芸術振興財団
後 援:福岡市教育委員会
運営協力:NPO法人 文化ボランティア とびうめの会

Part1
1.日本の唱歌と祈りの歌・・・混声合唱団トニカ
 海沼 実作曲「混声合唱のための歌い継ぎたい日本の歌」より
  “みかんの花咲く丘” “里の秋”
 松下 耕作曲 カンターテ・ドミノ
 指 揮  稲永恵子  ピアノ  野中陽子


2.信長メロディとシャンソン・・・
    福岡おかあさんコーラス連絡会「アイ&カルチャ天神女声コーラス」
 覚和歌子作詞、信長貴富作曲
   合唱組曲「こころに地図をひらいたら」より
       “知らない町” “こころの地図”
 シャンソン 安井かずみ訳詞 オー・シャンゼリゼ
     菊村紀彦訳詞 パリの空の下
     薩摩 忠訳詞 サ・セ・パリ
 指 揮  今村恵子
 ピアノ  堀口廉子  アコーディオン 佐藤金之助


3.16世紀イタリアの風・・・福岡古楽協会/福岡リコーダーオーケストラ
 フロリアーノ・カナーレ作曲  カンツォン ラ カンナビア
 アウレリオ・ボネッリ作曲  トッカータ アタランタ
 指 揮:小池宏明


4.アヴェ・マリア曲集・・・女声合唱団 コール・エスポワール
 グレゴリオ聖歌、J.アルカデルト作曲、G.ブオナウグリオ作曲、
 F.ヴュルナー作曲、Z.コダーイ作曲、周藤 諭作曲
 指揮:横田 諭


5.トリオの調べ・・・福岡青年音楽家協会
 J.S.バッハ作曲 トリオソナタ ト長調 BWV.1038
 J.イベール作曲 2つの間奏曲
 フルート 増田愛子 ヴァイオリン 古田茂稔 ピアノ 石橋真希


6.いろに誘われて・・・RKB女声合唱団
 やなせたかし作詞 木下牧子作曲 誰かがちいさなベルをおす
 くどうなおこ作詞 木下牧子作曲 ほたるたんじょう    
 福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生作詞
 小田美樹作曲 信長貴富編曲 群青 
 安岡 優作詞 北山陽一作曲 青い鳥
 指 揮 久世安俊  ピアノ 大城綾子


Part2
7.ことばのつぶて うたの風景・・・
    福岡おかあさんコーラス連絡会/コール南風
 中島みゆき作詞・作曲 遠藤謙二郎編曲  麦の唄
 井上陽水作詩 井上陽水・平井夏美作曲 池辺晉一郎編曲 少年時代
 和合亮一作詩 新実徳英作曲・編曲
  女声合唱とピアノのための「つぶてソング 第1集」より
            “燃えあがろう” “誰もいない福島”
 指 揮 古川みゆき  ピアノ 赤崎雅子


8.バッハっは パートⅤ・・・福岡市民オーケストラ/花とおじさん
 カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ作曲 トリオ・ソナタト長調
 フルート 大西修三  ヴァイオリン 浅田潤一郎
 チェロ 平川仁美  キーボード 浅田千鶴


9.マンドリン ア・ラ・カルト・・・福岡マンドリンオーケストラ/マンドリンアンサンブル
 吉田剛士作曲  沖縄センチメンタル
 武藤理恵作曲  桜舞い散る小径
 吉水秀徳作曲  夢のつばさ
 1stマンドリン 馬場久美子  2ndマンドリン 櫻井由起子
 マンドラ   関 愛子  マンドセロ   北島温子
 ギター   平田研一  コントラバス  森 勇基


10.酒と泪と男と女・・・西日本オペラ協会「コンセル・ピエール」/チームKUSE
 ヴェルディ作曲 「椿姫」より“乾杯の歌”(tutti)
 ドニゼッティ作曲 「愛の妙薬」より“人知れぬ涙”(久保田)
 プッチーニ作曲 「ラ・ボエーム」より
       “ああ、ミミ、君はもう戻ってこない”(上田・久世)
 レハール作曲 「メリーウィドー」より
            “女・女・女のマーチ”(tutti)
 テノール 上田浩平 テノール 江越正嘉 テノール 久保田敦志
 バリトン  久世安俊  ピアノ   大森美樹


11.混声合唱の世界・・・混声合唱団 福岡合唱協会
 廣瀬量平作曲  更科源蔵作詞
   混声合唱組曲「海鳥の詩(うた)」より
    “オロロン鳥(ちょう)” “エトピリカ” “北の海鳥”
 指 揮 井上智子
 ピアノ 山本佳代子


  


Posted by つぶやきホルン at 16:39Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2015年09月26日

音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート

今年も開催します!!
福岡音楽団体連絡会がお贈りするアンサンブルコンサート
アクロス福岡で芸術の秋をお楽しみください。

平成27年度福岡市民芸術祭参加
2015 音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート

2015年11月3日(火・祝)
開場 12:30 開演 13:00
アクロス福岡1階 円形ホール

主 催:福岡音楽団体連絡会
共 催:福岡県・福岡市・(公財)アクロス福岡・(公財)福岡市文化芸術振興財団
後 援:福岡市教育委員会
運営協力:NPO法人 文化ボランティア とびうめの会

Part1
1.日本の唱歌と祈りの歌・・・混声合唱団トニカ

 海沼 実作曲「混声合唱のための歌い継ぎたい日本の歌」より
  “みかんの花咲く丘” “里の秋”
 松下 耕作曲 カンターテ・ドミノ
 指 揮  稲永恵子  ピアノ  野中陽子

2.信長メロディとシャンソン・・・
  福岡おかあさんコーラス連絡会「アイ&カルチャ天神女声コーラス」

 覚和歌子作詞、信長貴富作曲
 合唱組曲「こころに地図をひらいたら」より
              “知らない町” “こころの地図”
 シャンソン 安井かずみ訳詞 オー・シャンゼリゼ
   菊村紀彦訳詞 パリの空の下
   薩摩 忠訳詞 サ・セ・パリ
 指 揮  今村恵子
 ピアノ  堀口廉子  アコーディオン 佐藤金之助

3.16世紀イタリアの風・・・福岡古楽協会/福岡リコーダーオーケストラ

 フロリアーノ・カナーレ作曲  カンツォン ラ カンナビア
 アウレリオ・ボネッリ作曲  トッカータ アタランタ
 指 揮:小池宏明


4.アヴェ・マリア曲集・・・女声合唱団 コール・エスポワール

 グレゴリオ聖歌、J.アルカデルト作曲、G.ブオナウグリオ作曲、
 F.ヴュルナー作曲、Z.コダーイ作曲、周藤 諭作曲
 指揮:横田 諭


5.トリオの調べ・・・福岡青年音楽家協会

 J.S.バッハ作曲 トリオソナタ ト長調 BWV.1038
 J.イベール作曲 2つの間奏曲
 フルート 増田愛子 ヴァイオリン 古田茂稔 ピアノ 石橋真希

6.いろに誘われて・・・RKB女声合唱団

 やなせたかし作詞 木下牧子作曲 誰かがちいさなベルをおす
 くどうなおこ作詞 木下牧子作曲 ほたるたんじょう    
 福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生作詞
 小田美樹作曲 信長貴富編曲 群青 
 安岡 優作詞 北山陽一作曲 青い鳥
 指 揮 久世安俊  ピアノ 大城綾子



Part2
7.ことばのつぶて うたの風景・・・
  福岡おかあさんコーラス連絡会/コール南風

 中島みゆき作詞・作曲 遠藤謙二郎編曲  麦の唄
 井上陽水作詩 井上陽水・平井夏美作曲 池辺晉一郎編曲 少年時代
 和合亮一作詩 新実徳英作曲・編曲
  女声合唱とピアノのための「つぶてソング 第1集」より
            “燃えあがろう” “誰もいない福島”
 指 揮 古川みゆき  ピアノ 赤崎雅子

8.バッハっは パートⅤ・・・福岡市民オーケストラ/花とおじさん

 カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ作曲 トリオ・ソナタト長調 
 フルート 大西修三  ヴァイオリン 浅田潤一郎
 チェロ 平川仁美  キーボード 浅田千鶴


9.マンドリン ア・ラ・カルト・・・
  福岡マンドリンオーケストラ/マンドリンアンサンブル

 吉田剛士作曲  沖縄センチメンタル
 武藤理恵作曲  桜舞い散る小径
 吉水秀徳作曲  夢のつばさ

 1stマンドリン 馬場久美子  2ndマンドリン 櫻井由起子
 マンドラ     関 愛子   マンドセロ   北島温子
 ギター      平田研一   コントラバス  森 勇基


10.酒と泪と男と女・・・
   西日本オペラ協会「コンセル・ピエール」/チームKUSE

 ヴェルディ作曲 「椿姫」より“乾杯の歌”(tutti)
 ドニゼッティ作曲 「愛の妙薬」より“人知れぬ涙”(久保田)
 プッチーニ作曲 「ラ・ボエーム」より
       “ああ、ミミ、君はもう戻ってこない”(上田・久世)
 レハール作曲 「メリーウィドー」より
            “女・女・女のマーチ”(tutti) 
 テノール 上田浩平 テノール 江越正嘉 テノール 久保田敦志
 バリトン  久世安俊  ピアノ   大森美樹

11.混声合唱の世界・・・混声合唱団 福岡合唱協会
 
 廣瀬量平作曲  更科源蔵作詞
   混声合唱組曲「海鳥の詩(うた)」より
    “オロロン鳥(ちょう)” “エトピリカ” “北の海鳥”
 指 揮 井上智子
 ピアノ 山本佳代子


  


Posted by つぶやきホルン at 13:16Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2015年08月07日

福岡音楽団体連絡会要望活動

2015年7月21日 福岡音楽団体連絡会では、福岡市に中園副市長を訪ね、
「福岡市の音楽活動環境の充実に関する要望書」を提出しました。



福岡市が政令指定都市になって40数年、「アクロス福岡シンフォニーホール」「あいれふホール」など素晴らしいホール、「パピオビールーム」をはじめとする練習施設などが整備され、現在も「福岡市拠点文化施設」や「東市民センター」の整備などが予定されています。
このように、成長を続ける福岡の音楽活動環境ですが、私たち音楽関係者にとっては、まだまだ改善が必要な課題が多く残されています。
そこで、福岡市に多くの音楽家や愛好家が集い、芸術文化活動がますます盛んになってくことを願い、要望書を提出しました、

福岡音楽団体より10名が出席しました。
石川純一会長 福岡マンドリンオーケストラ
佐藤棟也副会長 西南シャントゥール
香月ハルカ顧問 RKB女声合唱団
真隅 潔事務局長 福岡市民オーケストラ
田中正治監事 福岡市民オーケストラ
中村 稔さん 福岡混声合唱団 
福田綾子さん 青年音楽家協会 
松本博子さん 女声合唱団けやき 
酒井一能さん 福岡マンドリンオーケストラ
岡田悦子さん グリーンヒルコール 

福岡市からは
中園副市長、落石経済観光文化局理事、萩尾文化振興部長他が出席されました。

要望内容は次のとおりです
1.コンサートホールの整備等について
(1)客席数700~800席規模の音楽専用ホールを大名小学校跡地など交通の便利な場所に整備してください。
(2)福岡市拠点文化施設に整備される中ホールについて、コンサートに活用可能な音響や設備となるよう設計してください。
(3)グランドピアノ(できればスタインウェイ社のスモールコンサートグランドピアノ)を備えた客席数100席程度のミニコンサートホールを整備してください。
(4)建設中の東市民センターホールにフルコンサートグランドピアノ(できればスタインウェイ社)を備え付けてください。
(5)老朽化しているあいれふホールのフルコンサートグランドピアノをオーバーホールして、本来の響きを蘇らせてください。
(6)FFGホールを市民が利用する場合の使用料が、現在の半分程度になるよう、使用料の減免等についてFFG財団へ働きかけてください。

2.音楽練習場の整備について
定期利用が可能なパピオビールームと同規模の音楽練習場を大名小学校跡地など交通の便利な場所に整備してください。

3.音楽団体及び音楽家への活動支援について
(1)九州交響楽団、西日本オペラ協会など九州では数少ないプロの音楽団体への支援を強化してください。
(2)福岡市を拠点とする音楽団体の活動に対して、アクロス福岡共催事業による支援の拡充、新たな助成制度の創設や活動支援策等により、これまで以上に支援策を強化してください。
(3)福岡市を拠点に活動する音楽家による、学校の教育現場で生演奏の提供、市役所市民ギャラリーでの演奏、拠点文化施設における様々な方法での音楽家の活動支援など、音楽家の活動機会の充実を図ってください。

話題の中心は、私たちの長年の希望である中規模音楽専用ホールに関して、今後建設が予定されている福岡市拠点文化施設、建設中の東市民センター、FFGホールについて色々な意見が交わされました。
これについては、すぐに解決する課題ではありませんが、私たちの気持ちは十分に理解していただいていると思います。

また、グランドピアノの話題については、実現可能な部分もあり、十分な手ごたえを感じたところです。

さらに、今回初めて要望した、客席数100席程度のミニコンサートホールについては、市側の関心が高く、意外に早く何らかの成果が期待できるかもしれません。

その他、活動支援策等について、予定の20分を大幅にオーバーして40分近く熱心な話し合いが実現しました。






福岡市からは、最後に大変貴重な意見をいただけて感謝している。
今後とも色々と意見を聞かせてほしいと言っていただきました。  


Posted by つぶやきホルン at 22:57Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2015年07月06日

福岡音楽団体連絡会で意見交換会

7月2日(木)16時より、福岡市役所において、
福岡音楽団体連絡会福岡市文化振興部の意見交換会を行いました。

福岡音楽団体連絡会からは次の8名が出席しました。
会長:石川純一(福岡マンドリンオーケストラ)
副会長:佐藤棟也(西南シャントゥール)
事務局長:真隅 潔(福岡市民オーケストラ)
福岡マンドリンオーケストラ:酒井一能
西日本オペラ協会:久世安俊
筝曲鶯絃会:河原久子
福岡青年音楽家協会:福田綾子
福岡合唱協会:中村 稔

福岡市からは、
萩尾文化振興部長
城後文化振興課長
坂口文化振興第2係長
柴田文化施設連携係長
松尾拠点文化施設整備担当係長
野元拠点文化施設管理・運営担当係長
牧迫係員、以上7名にご出席いただきました。

最初に、福岡音楽団体連絡会から中規模コンサートホールの整備や、音楽練習場の整備、音楽家への支援などについて、毎年福岡市に要望している内容を一通り説明しました。

福岡市からは、福岡市民会館跡に建設予定の、福岡市拠点文化施設に関する現在の検討状況や、建設中の東市民センターの詳細な内容などについて説明がありました。

意見交換では、まず福岡市拠点文化施設について、大ホールにオーケストラピットを備え付けていただくこと、中ホールについて、コンサートホールとしても利用可能な施設にしていただくことなどを強く要望しました。

拠点文化施設については、当初基本構想で描かれていた小ホールがなくなっていたので質問したのですが、小ホールという明確な括りではないが何らかの発表の場は検討されている様子でした。

そこで、100席規模の小さなコンサートホールの需要が非常に高いのだが、福岡市内には満足できる規模と質のホールがなく、もしこの様なホールが整備されれば、フリーの音楽家を中心に活発なコンサート活動が展開されることを申し上げました。

また、市が描く拠点文化施設の役割について、創造活動の支援、鑑賞・体験事業やスタッフ等の人材育成、他のホールとの連携など一通りのことが書かれていますが、具体的なイメージや手法についてはまだ考えられていない様子でしたので、今後、音団連メンバーなどと十分に話し合いをしながら検討していただくようお願いしました。

東市民センターについては、音響については完成してみないとなんとも言えませんが、施設的には、コンサートホール的な作りで、楽屋も十分に備えており、アマチュア団体の発表の場としては十分期待できそうです。

最後に、萩尾文化振興部長から、拠点文化施設については日を改めて意見を聞く機会を設けたいこと、また本日のような意見交換会をできれば毎年行いたいとのお話があり、音団連としては、実際に活動をしている音団連の会員のノウハウを積極的に活用していただくようお願いして、90分間ほどの意見交換会を終了しました。

音団連では、7月21日(火)16時から中園副市長に要望書を提出します。  


Posted by つぶやきホルン at 21:46Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2015年01月29日

青沼謙一氏「福岡市民文化活動功労賞」を祝う会

青沼謙一氏「福岡市民文化活動功労賞」を祝う会が、2015年1月25日に福岡市中央区大名のレストランで開催されました。

青沼謙一さんは84歳。
福岡県庁の職員としての勤務の傍ら、福岡市におけるクラシック音楽活動の活性化に強い関心を抱かれ、福岡青年音楽家協会の設立および福岡音楽団体連絡会の設立に中心的な役割を果たされるととともに、この2つの団体の事務局を長年にわたり担当し、福岡市の音楽文化の向上に大きく貢献してこられました。
自分が演奏活動を行うわけでもなく、音楽家を教育するわけでもなく、事務局担当という全く目立たない縁の下の力持ちの役割を淡々とこなされてきたわけですが、この活動によって生み出された成果は大変大きく、福岡市におけるクラシック音楽文化の向上に果たされた役割は計り知れないものがあります。

パーティーには、福岡青年音楽家協会の会員、福岡音楽団体連絡会に所属する団体の会員、青沼さんの古くからのご友人など80名を超える方々が集まり、歌や演奏を交えながら、受賞をお祝いしました。

出席した声楽家たちによるヴェルディ“乾杯の歌”、ヴァイオリンの古田さんによるベトーヴェンのスプリングソナタ、斎藤さんたちのサキソフォーンカルテットによるドビュッシーの曲など、とても心温まる、にぎやかな宴となりました。

【福岡青年音楽家協会】
 福岡青年音楽家協会は、福岡在住の若い音楽家が自分たちの演奏活動の場を設けようという趣旨のもとに結成されました。
 しかし、若い音楽家たちは演奏会の企画・運営については全く知識や経験がなく、この活動を支えたのが、当時、勤労者音楽協会(労音)で演奏会の企画・運営について実務経験を有していた青沼さんです。
 青沼さんは、発足当初より事務局を担当し、1977年4月に第1回緑のコンサートを開催して以来、38年間にわたり事務局としてその世話を続けておられます。現在の会員数は103名を数え、昨年10月には第182回目の緑のコンサートが開催されました。

【福岡音楽団体連絡会】
福岡音楽団体連絡会は、福岡都市圏に本拠地をおいて活動するクラシック系音楽団体の交流組織として1981年10月に発足し、九州交響楽団をはじめとする、オーケストラ、合唱、マンドリンなどジャンルを超えた24団体が加盟しています。
青沼さんは、この団体の呼びかけ人の一人で、団体の発足後は2005年までの24年間にわたり事務局長を務められました。
この間、福岡市音楽演劇練習場「パピオ・ビールーム」の建設要望活動の中心的役割を担われたほか、福岡市民芸術祭のオープニングイベントやアクロス福岡の記念事業を当団体が主催するなど、地域に根ざした交流組織ならではの積極的な活動を実現してこられ、まさに市民文化活動の活性化に大きく貢献してこられました。













  


Posted by つぶやきホルン at 23:09Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2014年11月03日

福岡市民文化活動功労賞

福岡音楽団体連絡会の初代事務局長で、青年音楽家協会の事務局長の青沼謙一さんが、福岡市民文化活動功労賞を受賞されました。

青沼謙一さんは、1977年に設立された福岡青年音楽家協会の事務局長として、今日まで、何と180回を超える「緑のコンサート」を運営し、地元の音楽家たちに演奏の場を与え続けて来られました。

また、1981年には、福岡の音楽団体の相互親睦団体である福岡音楽団体連絡会の設立に中心的役割を果たされ、「福岡市千代音楽・演劇練習場(パピオビールーム)」の建設促進運動を牽引されました。

ご存知のように、このパピオビールームは、全国の公共音楽練習場の先駆けとなり、福岡のたくさんの団体に利用されています。

福岡音楽団体連絡会では、事務局長を25年間務められ、要望活動のほか、加盟団体合同の演奏会を開催するなど、福岡の音楽文化の向上に多大な貢献をされました。

青沼さんは現在84歳ですが、まだまだお元気で活動を続けられています。

縁の下の力持ちに徹された40年間、まさにこのような方がおられたからこそ、地元の音楽家の活躍の場が広がり、また、音楽愛好家たちが練習場に困ることなく、思う存分音が出せるのです。

青沼謙一さん 本当におめでとうございます。




  
タグ :福岡市


Posted by つぶやきホルン at 14:24Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2014年09月27日

2014 音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート

アクロス福岡20th・平成26年度福岡市民芸術祭参加

2014 音団連 
ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート


2014年10月26日(日)  開場 12:30 開演 13:00
アクロス福岡1階 円形ホール(入場無料)

主 催:福岡音楽団体連絡会
共 催:福岡県・福岡市・(公財)アクロス福岡
    (公財)福岡市文化芸術振興財団
後 援:福岡市教育委員会
運営協力:NPO法人 文化ボランティア とびうめの会

Part1(13:00~14:30予定)

1.クラシックの響き
  ・・・Sweet Srawberry Quartet/福岡市民オーケストラ
 チャイコフスキー作曲
  「弦楽四重奏曲第1番ニ長調作品11」より 第1楽章
  1stヴァイオリン 久保 弦  2ndヴァイオリン 亀田 菜津紀
  ヴィオラ      高橋 陽介 チェロ       北里 純一

2.静と動~現代日本のマンドリン作品より~
  ・・・福岡マンドリンオーケストラ
  湯淺 隆 作曲 「ALGO」のテーマ
  丸本 大悟作曲 願いの叶う本
  1stマンドリン 馬場 久美子  2ndマンドリン 櫻井 由起子
  マンドラ     関 愛子  マンドチェロ  川畑 紗弥香
  ギター     平田 研一  ベース     石川 純一

3.古典音楽の響き・・・福岡青年音楽家協会
  ブレイク 作曲   ウォーキング・イン・ジ・エアー
  チェスティ作曲  さよなら、コリンド
  ヘンデル作曲   樹木の蔭で
  ソプラノ 吉田 満佐子 ピアノ  山本 あゆみ

4.ルーマニアの音楽
  ・・・ビフォー・アフター/福岡OBフィルハーモニーオーケストラ
  バルトーク作曲 吉田達哉編曲  ルーマニア民族舞曲
   1.棒踊り  2.飾り帯の踊り  3.足踏み踊り
   4.ホーンパイプ踊り  5.ルーマニアのポルカ  6.急速な踊り
  フルート  宮川 幸奈  オーボエ  吉田 悠
  クラリネット  東島 彰  ファゴット  馬場 宏明

5.フォーレとヴェルレーヌ
  ・・・クースグループ/福岡市民オーケストラ
  フォーレ作曲 「ピアノ四重奏曲第1番」より 第4楽章
  ピアノ 冨永 真由美  ヴァイオリン 福山 則江
  ヴィオラ 古賀 由起子  チェロ 畑仲 俊治

6.歌の絵本
  ・・・女声合唱団コール・シャトー/福岡おかあさんコーラス連絡会
  岸田衿子作詩、信長貴富作曲  「風の季節・花の季節」 より
   “雪の絵本” “だれもいそがない村” “南の絵本”
  松本隆作詞、平井夏美作曲  「瑠璃色の地球」
  指 揮 宮崎 憲子  ピアノ 横田 総子

Part2(14:40~16:10予定)

7.バッハを食うらう・・・花とおじさん/福岡市民オーケストラ
  フリードリヒ・クーラウ作曲
  「フルート、ヴァイオリン、2本のヴィオラ、チェロのための五重奏曲
        第1番 ニ長調」 より 第1楽章、第2楽章
  フルート  大西 修三  ヴァイオリン 浅田 潤一郎
  ヴィオラ 行田 洋子  ヴィオラ 中田 紀子
  チェロ  平川 仁美

8.リトアニアのひびき・・・スプリッツァー
  ミシュキニス作曲
   「モーリス・デュリュフレを記念する4つのモテット」より
    “慈しみと愛のあるところ” “全く美しいマリア”
    “汝はペテロなり” “かくも偉大な秘蹟”
  指揮:今釜 亮

9.オペラの世界へようこそ!
  ・・・西日本オペラ協会「コンセル・ピエール」
  フンパーディンク作曲 オペラ「ヘンゼルとグレーテル」より
                   1幕ハイライト
  ソプラノ  貫田 茜  ソプラノ  永渕 くにか
  ピアノ  大城 綾子

10.海の幻想・・・福岡青年音楽家協会
  スクリャービン作曲 ピアノ・ソナタ第2番「幻想ソナタ」op.19
  ピアノ  松崎 聖子

11.リコーダーでポピュラー音楽を
  ・・・福岡リコーダーオーケストラ/福岡古楽協会
  デイビッド・トンプソン作曲  ジュビリーワルツ
  スコット・ジョプリン作曲・曽根圭司編曲  エンターテイナー
  スコット・ジョプリン作曲・小池宏明編曲 イージーウインナーズ
  指 揮 小池宏明  リコーダー 福岡古楽協会会員

12.美しい女声合唱・・・RKB女声合唱団
  復興支援ソング 花は咲く
  瑠璃色の地球
  思い出すために より “種子”
  ピアノ 大城綾子




  


Posted by つぶやきホルン at 23:05Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2014年07月11日

福岡市ほかへの表敬訪問

本日は、毎年実施している、福岡音楽団体連絡会による福岡市ほかへの表敬訪問を行いました。

参加メンバーは、石川純一会長、佐藤棟也副会長、香月ハルカ顧問、福岡マンドリンオーケストラ・酒井一能さん、九州フレッシュメンコア・守谷 清さん、福岡青年音楽家協会・福田綾子さん、グリーンヒルコール・岡田悦子さん、事務局長・真隅 の8名でした。

福岡市は、中園政直副市長、経済観光文化局・落合稔彦理事ほかにお会いいただきました。

まず、「福岡市の音楽文化環境の充実に関する要望書」を中園副市長に手渡し、石川会長から、現状の話なども交えて、内容の説明を行いました。

要望内容は次の4項目です。
1.音響の良い中規模コンサートホールを交通の便利な場所に整備してください。

2.福岡市民会館「拠点文化施設」に整備が予定されている中規模ホールについて、音響にも優れ、多彩なステージづくりと客席変更が可能な多機能型のホールとして整備してください。

3.パピオビールームと同規模の第2の音楽練習場を交通の便利な場所に整備してください。

4.福岡市を拠点に活動する音楽家への支援を強化してください。

要望書本文
 


中園副市長は、音楽や芸術文化にとても造詣の深い人で、4つの項目について色々と丁寧にお話をいただきました。

特に、コンサートホールについては、アクロスシンフォニーホールが稼働率85%と、実質的には100%を超える状況の中で、800~900席程度のホールが必要との声が経済界などからも上がっていることや、平成28年度の開館を予定している東市民センターのホールがシューボックス型のホールで、ステージの後ろにも客席があるワインヤード型の要素を一部取り入れた、比較的音楽向けのホールであること、また、新しいホール建設がなかなか難しい中で、老朽化が進む各区の市民センターの建替えに際して、各ホールで特色を出すことが必要性であることなどについてご説明いただきました。

その上で、FFGホール(旧福岡銀行本店ホール)についての利用者側の意見を求められましたので、FFGホールについては、銀行本店機能の移転や数年前の大改装に伴い、それまで利用が難しかった休日利用が可能になったことで利用の可能性が広がったものの、バリアフリーへの対応が遅れていることや、楽屋口など裏の動線の悪さ、何より利用料金が非常に高いことなどが、相変わらずネックになっており、これらを改善できれば、抜群の立地から利用が促進されることを申し上げました。

その他、私たちが日ごろ困っていることや、望んでいること、また福岡市側からも知りたいことなど、活発な会話が進み、大変有意義な意見交換の場となりました。






次に訪問した、公益財団法人アクロス福岡では、
藤本廣子支配人、桑原更作事業部長、小巻達彦企画プロデューサーにお会いいただきました。

アクロス福岡に対しては、要望書などは用意しませんでしたが、2つほどご要望を申し上げました。

一つ目は、各団体が公演チラシの挟み込みを行う際に、千数百枚の重たいチラシを、挟み込みをする演奏会ごとに運ぶのがとても大変なので、チラシ置き場のようなものを設けてほしいというものです。気持ちは十分にご理解いただきましたが、設置場所の問題などかなり難しいようです。しかし何か良い方法がないか検討してみたいとのご返事をいただきました。

二つ目は、円形ホールの音響の改善についてです。音団連では毎年、「みにコン!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート」で円形ホールを利用していますが、もともとコンサート用には造られていないため、音響がとても悪く、演奏者からは敬遠されがちです。こちらもすぐには解決できない課題ですが、オープンから20年が経過し、改修時期も近づいているので、それに合わせて改良する方法などを話し合いました。

また、アクロス福岡からは、現在は、福岡県から指定管理者として管理を任されているが、今後は民間業者に管理者が変わる可能性もあり、そうなると他の都市の例から見ても、採算性の悪いクラシックコンサートが減らされていく恐れがあることが説明されました。

私たちは、アクロスシンフォニーホールがいつまでもクラシック音楽の殿堂であることを信じており、この意外な発言に、私たちとしても危機感を持たなくてはならないことを初めて認識しました。

このように、今回の意見交換は、今後のお互いの連携の大切さを認識し合う大変良い機会となりました。


最後に訪問した、福岡市文化芸術振興財団では、広川大八専務理事と新二日市事業課長にお会いいただきました。

広川理事もスポーツから芸術まで大変幅広い知識をお持ちの人で、とても活発な意見交換ができました。

広川理事からは、福岡市の様々なホールが老朽化する中で、建替えの検討に加え、今ある施設の欠点を調査して、改善することで利用を促進することに取り組みたいとのお話をいただきました。またここでもFFGホールの使い勝手について意見を求められました。
恐らく、中規模コンサートホールに関する現実的な方策として、今あるFFGホールの活用が話題として挙がってるものと思われます。

音団連としても、最終目標である中規模音楽専用ホールの要望は続けながら、市民センターホールの建替え・改善や、FFGホールの機能向上と料金低減化などについて、積極的に取り組んでいきたいと思います。

今日は、訪問した三か所すべてで、とても活発で有意義な意見交換ができ、お互いの信頼関係もとても深まったものと思われます。

訪問後に、音団連として、最近少しおとなしすぎた反省や、これからもっともっと積極的に色々な方面に意見を申し上げていくことが大切だということを参加者全員申し合わせて本日の活動を終了しました。

参加されたみなさま、大変お疲れ様でした。
  


Posted by つぶやきホルン at 21:36Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2014年03月22日

26年度福岡のコンサート情報を掲載しました

福岡音楽団体連絡会加盟25団体の26年度(26.4~27.3)の公演スケジュールを音団連ホームページに掲載しました。

九州交響楽団や西日本オペラ協会、福岡青年音楽家協会、福岡古楽協会、福岡市民オーケストラ、福岡OBフィルハーモニーオーケストラ、福岡マンドリンオーケストラ、混声・女性・男声合唱団、筝曲鶯絃会など、福岡の主だったクラシック系の音楽団体のコンサートスケジュールがご覧いただけます。

この作業は、音団連事務局長の私が毎年この時期に行うのですが、25団体へのスケジュール提出依頼から一覧表のまとめ、そしてホームページ掲載と結構骨が折れる作業です。

ご覧になって、是非お出かけいただき、福岡のクラシック音楽団体のコンサートをお楽しみくださいface01



音団連のホームページはこちらhttp://members3.jcom.home.ne.jp/ondanren/
  


Posted by つぶやきホルン at 14:27Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2013年11月04日

音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート終了

2013 音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート

11月4日13:00より、アクロス福岡 円形ホールに満員のお客様をお迎えして開催されました。

歌あり、金管合奏あり、リコーダーあり、ピアノあり、弦楽合奏ありのとても楽しい3時間でした。

出演の皆さまもお疲れ様でした。

福岡音楽団体連絡会では、クラシック音楽などを気軽に市民の皆様に楽しんでいただくため、毎年秋のこの時期に開催しています。

来年は、10月26日の日曜日、場所も時間も今日と同じです。

どうぞ、またご来聴ください。

Part1
1.バロック・アンサンブルの楽しみ・・・福岡古楽協会/福岡古楽協会コンソート

 ジョン・ルイエ作曲:五重奏曲
 ロバート・ウッドコック作曲:コンチェルト
 レオナルド・ヴィンチ作曲:シファーチェのアリア

 

2.ルネサンス ア・カペラ合唱の響き・・・コーロ・ピエーノ

 ハスラ-作曲:主に向かいて歌え
 ノラ作曲:ガリアルダを踊りましょう
 ルカデルト作曲:おお、幸せなわが眼
 田耕作作曲:熱いため息
 ガストルディ作曲:愛の勝利

 

3.金管5重奏・・・福岡OBフィルハーモニー・オーケストラ金管セクション

 ルロイ作曲:ポルカ「うわの空」
 中田喜直作曲:動物メドレー
   かわいいかくれんぼ~笑いカワセミに話すなよ~めだかの学校
 サティ作曲:きみがほしい
 大塚子龍編曲:秋のメドレー

 

4.スペインの風・・・福岡青年音楽家協会

 エンリケ・グラナドス作曲
   演奏会用アレグロ
  「スペイン舞曲集」より“アンダルーサ”

 

5.さわら野フェイバリットソングス・・・福岡おかあさんコーラス連絡会/混声コーラスさわら野

 
 鳥居 忱作詞、瀧 廉太郎作曲:箱根八里
 津川主一訳詞、ルイジ・デンツァ作曲、田中信昭編曲:フニクリフニクラ
 城県民謡、宮崎 哲編曲:大漁うたいこみ
 .S.バッハ作曲:主よ人の望みの喜びよ

 

Part2

6.リコーダーでポピュラー音楽を・・・福岡古楽協会/福岡リコーダーオーケストラ

 作曲者不詳、小池宏明編曲「アメイジング・グレイス」
 作曲者不詳、小池宏明編曲「スカバラーフェア」
 スコット・ジョプリン作曲、曽根圭司編曲「エンターテイナー」
 グレン・ミラー作曲、小池宏明編曲「ムーンライト・セレナーデ」
 アントン・カラス作曲、小池宏明編曲「第三の男」
 木村弓作曲「いつも何度でも」
 渡辺岳夫作曲、山中美代志編曲「おしえて」

   

7.バッハっは パートⅣ・・・福岡市民オーケストラ/花とおじさん

 J.C.バッハ作曲:
   6つの5重奏曲から 6曲目

  

8.ピアノ連弾・・・福岡青年音楽家協会

 ドヴォルジャーク作曲
   ラヴ舞曲集より Op.46-3 Op.72-8 Op.46-7

 

9.「二人の恋の行方」・・・西日本オペラ協会「コンセル・ピエール」

 バーンスタイン作曲:
    ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」より“トゥナイト”
 レハール作曲:オペレッタ「メリー・ウィドウ」より“唇は閉ざされて”
 ロッシーニ作曲:猫の二重唱
 プッチーニ作曲:オペラ「トゥーランドット」より“誰も寝てはならぬ”

 

10.愛唱曲集・・・混声合唱団トニカ

 ヴィクトリア作曲:アヴェ・マリア
 ヨハン・シュトラウスⅡ作曲、石丸寛編曲:トリッチ・トラッチ・ポルカ
 松本望作曲:組曲「天使のいる構図」より
     カプリッツィオ” “フィナーレ”

   


Posted by つぶやきホルン at 22:52Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2013年09月30日

福岡市の音楽文化環境の充実に関する要望書

福岡音楽団体連絡会(加盟:25団体、会長:石川純一)では、本日、福岡市に「福岡市の音楽文化環境の充実に関する要望書」を提出しました。

石川会長が急遽欠席となったため、要望書は、佐藤副会長から中園副市長に手渡し、中規模コンサートホールの建設を中心にお話をさせていただきました。



特に今年は、市民会館跡地に建設が予定されている中規模ホールについて、音楽、演劇、ダンスなど多くの分野が利用し、評価の高い京都府民ホール「アルティ」の資料を提供し、福岡市の計画に取り入れていただくようお願いしました。

中園副市長からは、800席程度の質の高いホールの必要性は十分理解しており、予算には限りがあるが、知恵を出していく旨の回答をいただきました。

(参加者)
副会長:佐藤棟也(西南シャントゥール)
顧問:香月ハルカ(RKB女声合唱団)
事務局長:真隅潔(福岡市民オーケストラ)
酒井一能(福岡マンドリンオーケストラ)
福田綾子(福岡青年音楽家協会)
吉田ひとみ(コーロ・赤坂)
岡田悦子(グリーンヒルコール)

(要望概要)
1.中規模コンサートホールを交通利便性の高い場所に建設してください。

2.福岡市民会館の中規模ホールを、音楽、演劇、ダンスなど多くの分野が満足できる多機能型のホールとしてください。

3.パピオビールームと同規模の第2の音楽練習場を福岡市西部・西南部方面に建設してください。

4.福岡市を拠点に活動する音楽家の活動の機会を広げる取り組みを推進してください。


要望書全文

   
タグ :福岡市音楽


Posted by つぶやきホルン at 23:45Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2013年03月19日

福岡音楽団体連絡会 2013公演スケジュール

福岡音楽団体連絡会加盟25団体の
2013年度の公演スケジュールを
公開しました


九州交響楽団、福岡市民オーケストラ、西日本オペラ協会、
福岡合唱協会など
福岡市内を拠点とする主なクラシック音楽団体の
年間公演スケジュールです。


2013公演スケジュール  


Posted by つぶやきホルン at 23:08Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2012年12月19日

音団連のホームページを更新しました

ちょっと遅れていましたが、
福岡音楽団体連絡会のホームページを更新しました

http://members3.jcom.home.ne.jp/ondanren/

九州交響楽団の年末の第九や年始のニューイヤーコンサートを紹介しています。

  
タグ :福岡音楽


Posted by つぶやきホルン at 23:04Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2012年10月09日

音団連ミニコンサート終了

今年も、音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサートを開催しました。

180席のアクロス福岡 円形ホールに入れ替わり立ち替わり、300人近いお客様にお越しいただき、始終立ち見が出るという大盛況の中、音団連に加盟する8団体から11グループが熱演しました。

 

運営する立場としては、来年はどうしようかなと迷うこともありますが、出演者がいる限り、また聴きに来ていただくお客様がおられる限り、続けていきたいと思います。

来年は、同じ会場で11月4日(月・休日)の開催が決定しています。
来年も是非ご来場いただきますようお願い申し上げます。

平成24年度福岡市民芸術祭参加
2012 音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート

2012年10月7日(日)13:00開演
アクロス福岡 円形ホール


主 催:福岡音楽団体連絡会
共 催:福岡県・福岡市・(公財)アクロス福岡・(公財)福岡市文化芸術振興財団
後 援:福岡市教育委員会
運営協力:NPO法人 文化ボランティア とびうめの会

Program

Part1 13:00~14:30

1.金管5重奏
  福岡市民オーケストラ/オニオンリング金管合奏団
  エワルド作曲 “金管5重奏曲第3番”他1曲
  トランペット  羽鳥史郎
  トランペット  若松崇志
  トランペット  戸上将行
  ホルン     中嶋和昭
  トロンボーン  相川順子
  チューバ   金丸隆文



2.今が美しい
  福岡おかあさんコーラス連絡会/コール みずき
  日本古謡・西崎嘉太郎編曲  “さくらさくら”
  木下牧子作曲  抒情小曲集「月の角笛」より
   武鹿悦子作詩  “うぐいす” まど・みちお作詩  “つらら”
  松下 耕作曲  牛尾良子作詩  “風” “夕焼け”
  鈴木憲夫作曲 村田さち子作詩  “今が美しい”
  指 揮 二宮由美  ピアノ 廣羽佐都子



3.歌に寄せて
  福岡青年音楽家協会/中井 文子
  モーツァルト作曲 コンサートアリア
    “誰が知るでしょう、いとしい人の苦しみを”
  ベッリーニ作曲  「6つのアリエッタ」より
    “マリンコニ-ア、優しい妖精よ”
  ドニゼッティ作曲 オペラ「ドン・パスワーレ」より
    ノリーナのアリア“騎士はそのまなざしに”
  ソプラノ 中井文子   ピアノ 垂野鮎子



4.ピアノトリオは家族で楽しむもの
  福岡市民オーケストラ/クースグループ
  リヒャルト・シュトラウス作曲 ピアノトリオ第1番
  ピアノ   冨永真由美
  ヴァイオリン 福山則江
  チェロ   畑仲俊治



5.ジェームス・フック作曲「トリオop.83-1 op.83-5」
  福岡古楽協会/福岡リコーダー・オーケストラ
  ジェームス・フック作曲「トリオop.83-1」
  ジェームス・フック作曲「トリオop.83-5」
  指 揮   小池宏明



6.きまぐれなコンサート
  女声合唱団けやき
  「きまぐれなエッセイ」より
   ヴィヴァルディ作曲 海野洋司作詩 “冬の花びら”
   モーツァルト作曲  海野洋司作詩 “少年”
   ベートーヴェン作曲 海野洋司作詩 “終りは知らないけれど”
「7つのバガテル」より
   高嶋みどり作曲 川崎 洋作詩  “夏は” “ゆき”
  指 揮 宮崎 哲  伴 奏 大城綾子



Part2 14:45~16:00

7.マンドリン イタリアを奏でる
  福岡マンドリンオーケストラ/マンドリンアンサンブル
  イタリー民謡   オー・ソレ・ミオ
  S・カルディルロ作曲  カタリカタリ
  C・G・ワルテル作曲  サンタルチア幻想曲
  1stマンドリン  馬場久美子
  2ndマンドリン  三ヶ尻建司
  マンドラ     関愛子
  マンドセロ   北島温子
  ギター   陶山恵子
  ベース   森勇基



8.バッハっは パートⅢ
  福岡市民オーケストラ/花とおじさん
  C.P.E.バッハ作曲:トリオ・ソナタ ニ長調
  フルート    大西修三
  ヴァイオリン  浅田潤一郎
  チェロ     平川ひとみ
  キーボード   浅田千鶴



9.木下牧子作曲 抒情小曲集より
  西日本オペラ協会「コンセル・ピエール」/青木つくし
  1 うぐいす  2 ほんとにきれい 3 ねこぜんまい 4夕顔
   9 月の角笛 10 秋 11 白いもの 12 つらら
  ソプラノ  青木 つくし  ピアノ  大森 美樹



10.ラフマニノフ 楽興の時
  福岡青年音楽家協会/冨崎 由紀
  セルゲイ ラフマニノフ作曲  楽興の時 作品16より
  “第1番 変ロ短調” “第4番 ホ短調” “第5番 変ニ長調”
  ピアノ   冨崎 由紀



11.信長貴富の世界
  RKB女声合唱団
  信長貴富作曲「メロディーは誰の胸の中にもある」より
     “空が青いんです” “おぼえているかいあの春を”
  信長貴富作曲「風の季節・花の季節」より
     “われもこう” “南の絵本”
  指 揮 榎元 圭   ピアノ 大城綾子



ご出演いただいた皆さま 大変お疲れさまでした。  


Posted by つぶやきホルン at 23:04Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2012年10月03日

音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート

2012 音団連 ミニこん!ききにこん!あ・ら・かるとコンサート

いよいよ今度の日曜日に開催します。
休日のお昼に、無料で、気軽に楽しめるコンサートとして人気です。
出演者は、福岡音楽団体連絡会に所属する25団体のメンバー。
プロもアマも、歌も器楽も、ア・ラ・カルトなコンサートです。
入場整理券は必要ありませんが、
満席で入場を制限することがあるかもしれませんので、
その場合はお許しを。
みなさま、是非ご来聴下さい。


2012年10月7日(日) 13:00開演
アクロス福岡 円形ホール


Program

Part1 13:00~14:30

1.金管5重奏
  
  福岡市民オーケストラ/オニオンリング金管合奏団
  
  エワルド作曲 “金管5重奏曲第3番”他1曲
 
  トランペット  羽鳥史郎
  トランペット  若松崇志
  トランペット  戸上将行
  ホルン     中嶋和昭
  トロンボーン  相川順子
  チューバ  金丸隆文

2.今が美しい

  福岡おかあさんコーラス連絡会/コール みずき
  
  日本古謡・西崎嘉太郎編曲  “さくらさくら”
  木下牧子作曲  抒情小曲集「月の角笛」より
   武鹿悦子作詩  “うぐいす” まど・みちお作詩  “つらら”
  松下 耕作曲  牛尾良子作詩  “風” “夕焼け”
  鈴木憲夫作曲 村田さち子作詩  “今が美しい”
   
  指 揮 二宮由美  ピアノ 廣羽佐都子

3.歌に寄せて

  福岡青年音楽家協会/中井 文子

  モーツァルト作曲 コンサートアリア
    “誰が知るでしょう、いとしい人の苦しみを”
  ベッリーニ作曲  「6つのアリエッタ」より
    “マリンコニ-ア、優しい妖精よ”
  ドニゼッティ作曲 オペラ「ドン・パスワーレ」より
    ノリーナのアリア“騎士はそのまなざしに”
  
  ソプラノ 中井文子   ピアノ 垂野鮎子

4.ピアノトリオは家族で楽しむもの

  福岡市民オーケストラ/クースグループ

  リヒャルト・シュトラウス作曲 ピアノトリオ第1番
  
  ピアノ   冨永真由美
  ヴァイオリン 福山則江
  チェロ   畑仲俊治

5.ジェームス・フック作曲「トリオop.83-1 op.83-5」

  福岡古楽協会/福岡リコーダー・オーケストラ

  ジェームス・フック作曲「トリオop.83-1」
  ジェームス・フック作曲「トリオop.83-5」
  
  指 揮   小池宏明

6.きまぐれなコンサート

  女声合唱団けやき

  「7つのバガテル」より
   高嶋みどり作曲 川崎 洋作詩  “夏は” “ゆき” 
  「きまぐれなエッセイ」より
   ヴィヴァルディ作曲 海野洋司作詩 “冬の花びら”
   モーツァルト作曲  海野洋司作詩 “少年”
   ベートーヴェン作曲 海野洋司作詩 “終りは知らないけれど”

  指 揮 宮崎 哲  伴 奏 大城綾子

Part2 14:45~16:00

7.マンドリン イタリアを奏でる

  福岡マンドリンオーケストラ/マンドリンアンサンブル

  イタリー民謡   オー・ソレ・ミオ
  S・カルディルロ作曲  カタリカタリ
  C・G・ワルテル作曲  サンタルチア幻想曲

  1stマンドリン  馬場久美子
  2ndマンドリン  三ヶ尻建司
  マンドラ    関愛子
  マンドセロ   北島温子
  ギター   陶山恵子
  ベース   森勇基

8.バッハっは パートⅢ

  福岡市民オーケストラ/花とおじさん

  C.P.E.バッハ作曲:トリオ・ソナタ ニ長調

  フルート    大西修三
  ヴァイオリン  浅田潤一郎
  チェロ     平川ひとみ
  キーボード  浅田千鶴

9.木下牧子作曲 抒情小曲集より

  西日本オペラ協会「コンセル・ピエール」/青木つくし

  1 うぐいす  2 ほんとにきれい 3 ねこぜんまい 4夕顔
  9 月の角笛 10 秋 11 白いもの 12 つらら

  ソプラノ  青木 つくし  ピアノ  大森 美樹

10.ラフマニノフ 楽興の時

  福岡青年音楽家協会/冨崎 由紀

  セルゲイ ラフマニノフ作曲  楽興の時 作品16より
  “第1番 変ロ短調” “第4番 ホ短調” “第5番 変ニ長調”

  ピアノ   冨崎 由紀

11.信長貴富の世界

  RKB女声合唱団

  信長貴富作曲「メロディーは誰の胸の中にもある」より
     “空が青いんです” “おぼえているかいあの春を”
  信長貴富作曲「風の季節・花の季節」より
     “われもこう” “南の絵本”

  指 揮 榎元 圭   ピアノ 大城綾子




  


Posted by つぶやきホルン at 23:39Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2012年09月13日

福岡音楽団体連絡会ホームページを更新

福岡音楽団体連絡会ホームページを更新しました。

音団連加盟団体の9月~11月のコンサート紹介などです。

http://members3.jcom.home.ne.jp/ondanren/


明日から11日間、ドイツに行ってきます。

ベルリンフィルやらライプツィッヒ・ゲバントハウスやら聴いてきます。

それらのお話はまた帰国してから。

それでは行ってきます。(@^^)/~~~
  


Posted by つぶやきホルン at 23:40Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2012年09月03日

緑 35年のあゆみ

先のブログで福岡青年音楽家協会の35周年記念パーティーの模様をご覧いただきましたが、

その折に配布された記念誌「緑 35年のあゆみ」を紹介させていただきます。

   

  



ここには掲載しませんでしたが、
冊子の6ページ以降には「想い出~明日へのメッセージ」と題して、
会員の方々の声がたくさん掲載されています。

jpegデータでちょっと見にくいかもしれませんがゆっくりとご覧ください。  
タグ :福岡音楽


Posted by つぶやきホルン at 23:59Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2012年08月31日

福岡青年音楽家協会の35周年記念パーティー

先日、 「福岡青年音楽家協会の35周年記念パーティー」  に出席しました。

福岡青年音楽家協会の発足は1977年4月8日

私が京都の大学から帰福して福岡市役所に奉職、同じ日に福岡市民オーケストラに入団したのが1978年4月1日ですから、その1年前に福岡青年音楽家協会は発足していたんですね。

福岡青年音楽家協会と福岡市民オーケストラの代表が山本成宏さんで同じだったこともあり、またみんな若くて、遊び盛りだった??こともあって、よく交流したことを昨日のことのように思い出します。face05

そして、1981年には、青年音楽家協会の事務局長の青沼さんと、福岡市民オーケストラの第2代団長の田中さんと、私の3人が中心となって福岡音楽団体連絡会を発足することになりました。

本当に歴史を感じます。face08

福岡青年音楽家協会は、現在の会員数103名、ピアノ、ヴァイオリン、フルート、ソプラノなど様々なジャンルの演奏家が集まる組織です。主催する演奏会は「緑のコンサート」の名称で、35年間で174回も開催したそうで、福岡のまちの音楽文化活動の一翼を担い、少なからず発展に貢献してきました。

パーティーは「マリエラ・ディナー・クルーズ」で博多湾を回遊しながら行われました。

福岡青年音楽家協会代表の折笠さんの開会あいさつ

続いて、福岡音楽団体連絡会会長の石川さんの祝辞

ヤマハの方による乾杯の発生に合わせて、ヴェルディの「乾杯の歌」が披露されました。



食事・歓談のあと余興??の演奏

広沢親子によるピアノ連弾・・・親子で会員とはうらやましいですね。



続いて古田さんのヴァイオリン演奏など、さすがに音楽家の集まりです。



存分に楽しませてもらいました。

それにしても、マリエラは思ったより揺れるので、演奏は大変だったようです。

終わりに近づいたところで、長年、事務局を務めてこられた青沼さんに記念品が贈呈されました。
御齢81歳になられたそうです。お元気そうでなによりです。face02



みんなで「夏の思い出」を歌ってなごやかなパーティーを終了しました。



お招きありがとうございました。
青年音楽家協会にはホームページもブログもないので、その内に「緑 35年のあゆみ」を私のブログで紹介しましょう。
  
タグ :福岡音楽家


Posted by つぶやきホルン at 23:15Comments(0)福岡音楽団体連絡会

2012年08月25日

音楽文化の向上と演奏環境の充実に関する要望書

「音楽文化の向上と演奏環境の充実に関する要望書」を福岡市に提出

 福岡音楽団体連絡会では、2012年8月23日(木)に福岡市を訪問し、「音楽文化の向上と演奏環境の充実に関する要望書」を山崎副市長にお渡しし、「中規模コンサートホールの整備」「音楽練習場の整備」「プロの音楽家の支援」の3項目の推進について要望しました。
 
 山崎副市長からは、財政事情が厳しい中で新しいホール整備はなかなか思うようにはならないが、要望の内容はしっかりと受け止めるとのご回答をいただくとともに、私ども音楽団体に対しては、演奏会等にもっと人を集める工夫・努力など、これまで以上に音楽活動がまちづくりに貢献することを期待するとのご要望をいただきました。
 
 この後、吉村文化振興部長や萩尾文化振興課長と、1時間ほどの意見交換会を行いました。

 詳しい内容、要望書の内容については、福岡音楽団体連絡会のホームページをご覧ください。







   


Posted by つぶやきホルン at 00:04Comments(0)福岡音楽団体連絡会